auが通信速度を大幅向上、日本初の量子コンピューティング技術で動画など大容量コンテンツさらに快適に



量子コンピューティング技術が思わぬところで活用されていました。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2022年1月から2月に日本で初めて量子コンピューティング技術を活用して通信品質の改善を図ったそうです。

これは東京都や神奈川県にある基地局の一部、約1000局の設定を最適化したことによるもの。

通常、多くの基地局を最適化しようとするためには従来型の汎用コンピューターによる総当たり計算で年単位の時間がかかりますが、富士通が開発した量子インスパイアード技術「デジタルアニーラ」を駆使したところ、なんと約1000局の基地局の最適化を約60分で計算できたとのこと。

従来できなかった精度で品質を改善できるようになったことで通信速度が向上し、動画などの大容量コンテンツを今まで以上に快適に楽しめるとしています。

なお、KDDIは2022年度以降、量子コンピューティング技術を活用して東名阪の都心部などで4G LTEおよび5Gのさらなる通信品質向上を目指していく方針。

通信品質を最適化することで効率よく基地局を敷設できるようになるため、快適に通信できる5Gエリアの拡大などにも期待が高まりそうです。

・関連記事
ついにiPadが基本料0円の「povo2.0」対応に、必要な時だけ課金で通信料金節約も | Buzzap!

無料で24時間データ使い放題の「povo2.0お試しキャンペーン」をKDDIが開始、eSIM発行ですぐさま利用可能に | Buzzap!

KDDIが「かんたんテレビ電話」開始、自宅のテレビで離れて暮らす家族などと簡単に話せて手厚いサポートも | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング