iPhone 14は「Apple A16」「Apple A16 Pro」採用か、ただしA16はA15のリネーム品



miniが廃止され、無印にも画面の大きなMaxが投入されるなど、ラインナップが大きく変わるとみられるiPhone 14。

しかし今までのように「同世代であれば無印もProもほぼ同じ性能」というわけにはいかないようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、AppleはiPhone 14に「Apple A16」、iPhone 14 Proに「Apple A16 Pro」を採用する見通しだそうです。

しかし実際のところ、Apple A16は現行のApple A15をリネームしただけで、最新性能のプロセッサはApple A16 Proのみになるとのこと。

つまり性能面が進化するのはiPhone 14 Proだけになり、これは先日行われたミンチー・クオ氏によるリークを裏付けるものとなります。

なお、クオ氏のリークによるとプロセッサだけでなくメモリもProのみ最新の高速なLPDDR5、無印はLPDDR4Xになる見込み。つまりiPhone 14は無印とProで明確な性能差が出ることになります。

・関連記事
「iPhone 14」試験生産開始、「iPhone 14 Pro」には初の8GBメモリ搭載か | Buzzap!

iPhone 14合わせで新型「iPad Pro」「iPad 10」「AirPods Pro」「MacBook Pro」「iMac」「Mac Pro」「MacBook Air」など秋に発表か、史上類を見ない規模に | Buzzap!

安くて画面の大きな「iPhone 14 Max」発売ほぼ決定か、販売不振でmini廃止へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング