【真の5G】ドコモが下り最大4.9Gbpsの「5G SA」スマホで開始、追加料金不要で全国展開へ



「真の5G」とも呼ばれる、専用設備を用いた5G「5G SA」。

法人向けのみの提供だったサービスを、ドコモがスマートフォン利用者向けに開始します。詳細は以下から。

NTTドコモのプレスリリースによると、同社は5G対応料金プラン契約者向けのオプションサービスとして、スタンドアローン(SA)方式を用いた「5G SA」を2022年8月24日から提供開始するそうです。

現在一般向けに提供されている5Gは、4G用のコアネットワーク設備を流用しつつ5G基地局を用いたノンスタンドアローン(NSA)方式。しかし「5G SA」では、5G専用のコアネットワーク設備と5G基地局を組み合わせることで、「高速・大容量」「超遅延通信」「多数端末接続」の通信が可能に。「真の5G」とも呼ばれています。

通信速度はなんと受信時最大4.9Gbps。送信時も最大1.1Gbpsとなり、送受信時の最大値はともに1Gbps超えです。

提供エリアは、札幌駅、仙台駅、東京駅、名古屋駅、金沢駅、大阪駅、広島駅、高松駅、博多駅の主要ターミナル駅周辺。また今後はイベント会場や商業施設など人が集まるエリアをはじめとして、2023年3月末までに全国47都道府県への展開を目指すとしています。

また、同社は提供開始に合わせて無料キャンペーンを実施。「5G SA」オプションを申込んだユーザーは月額料金550円(税込)のところ、無料で利用できるとのことです。

なお、対応端末は「AQUOS R7(SH-52C)」「Galaxy S22(SC-51)」「Galaxy S22 Ultra(SC-52C)」「Xperia 1 IV(SO-51C)」の4機種。

通信速度および対応時期は以下の通りとなっています。

・関連記事
ドコモメールがフィッシング詐欺対策を強化、なりすましメールの判別精度を向上させる送信ドメイン認証技術「DMARC」「DKIM」導入 | Buzzap!

ドコモ「home 5G」本体一括10円で月額3000円台に、高速回線使い放題や家族全員のスマホ料金割引も | Buzzap!

5Gの人口カバー率が2023年度末に95%に拡大へ、携帯電話や光ファイバーを使えない地域まもなく解消 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング