【悲報】Galaxy S23の「高性能版Snapdragon 8 Gen 2」サムスン製造か、まさかのTSMC外しで発熱問題に懸念も



「Snapdragon 8 Gen 1」の発熱問題などを理由にクアルコムからの発注をTSMCに奪われてしまったSamsungが、思わぬところで意地を見せるかもしれません。詳細は以下から。

最新スマホのリーク情報などを扱うRGcloudS氏のツイートによると、クアルコムの新型プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 2」は2モデルがラインナップされるそうです。

具体的にはTSMCの4nmプロセスで製造される「SM8550AC」とSamsungの4nmプロセスで製造される「SM8550AB」で、SM8550ABは超高性能な「ARM Cortex-X3」コアを3.2GHzから3.32GHzへとオーバークロックしたものになるとのこと。

そしてGalaxy S23シリーズが搭載するのはSM8550ACでなく、SM8550ABになるとされています。

分かりやすく言うと、Galaxy S23は他社のSnapdragon 8 Gen 2搭載スマホより処理能力が高い代わりに、TSMCでなくSamsungが製造したプロセッサを使う可能性があるわけです。

Samsungは5nmプロセス以下の半導体で歩留まりの問題を抱えているため、計画通りに進むかどうかは疑問ですが、実現してしまうと発熱問題の再発が懸念されるだけに、今後の展開から目が離せそうにありません。

・関連記事
「不良品率80%以上」サムスンの3nmプロセス危機的状況に、TSMC追撃に向けて生産工程見直しへ | Buzzap!

「Pixel 8」のTensor G3はExynos 2300ベースになる可能性、サムスン独自開発の高性能プロセッサはPixel向けに | Buzzap!

「Galaxy S23」低価格化か、コストカットでベゼルが厚くなる可能性も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング