新型「iPad Pro(第7世代)」4TBモデル登場か、メモリも増量でMacbook Airを超えた『究極のiPad』に



「iPhone 15 Pro Max(またはUltra)」に2TBの大容量モデルがラインナップされると報じられる中、新型iPad Proもストレージの超大容量化に踏み切るかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、来年発売とみられる新型「iPad Pro」は13インチ、11インチ共に4TBモデルが追加されるそうです。

これはiPhone 14 Proの常時表示ディスプレイやM2搭載iPad Proのリークを当ててのけた実績がある情報提供者、yeux1122氏が明かしたもの。

一方で128GBモデルは廃止され、256GB/512GB/1TB/2TB/4TBから選べるようになるとしています。

また、iPad Pro(第5世代)でストレージが最大2TBに引き上げられた際、メモリも最大6GBから最大16GBにまで一気に増えたことから、24GBないし32GBへの増量も期待できるかもしれません。

最大24GBのメモリと2TBのストレージを備えたM2搭載の「MacBook Air」すら超える可能性が浮上した新型iPad Pro。

初の有機ELディスプレイや3nmプロセスで製造されたM3などと合わせて、ありとあらゆる面が強化されることになりそうです。

・関連記事
新型「iPad Pro(第7世代)」は『最強のiPad』に、初の有機ELや超高性能なM3プロセッサなど最先端技術を惜しみなく導入へ | Buzzap!

新型「iPad mini(第7世代)」まもなく登場か、Apple A16搭載やWi-Fi 6E対応、Apple Pencil検知機能などに期待も | Buzzap!

新型「iPad Pro(第7世代)」13インチ有機ELで大型化確定へ、可変リフレッシュレート対応でさらに低消費電力に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)