「iOS 17.3」でiPhone 13のバッテリー消費が過去最悪レベルに、12も悪化の一途へ



「盗難デバイスの保護」機能実装で大きく話題となった「iOS 17.3」。

しかしながら、ユーザーの使い勝手に直結する部分が改善どころか悪化する事態になってしまったようです。詳細は以下から。

iOSが更新される度に複数のiPhoneを用いて実験を行っているYouTubeチャンネル「iAppleBytes」によると、iOS 17.3を適用した「iPhone 13」などのバッテリースコアが低下してしまったそうです。

これが今回行われたテストの結果。「iOS 17.2.1」時点に比べると「iPhone 11」以前の端末はスコアに改善が見られますが……


iPhone 13はなんと過去最悪に次ぐスコアに落ち込んでしまいました。


また、「iPhone 12」も「iOS 17.2」時点から悪化の一途をたどっています。


ただし、端末の盗難時に役立つ機能に加えてセキュリティーアップデートも含まれるなど、重要度はかなり高いiOS 17.3。

バッテリー消費が激しくなるのはマイナスですが、モバイルバッテリーを用意してでも我慢して使った方が賢明かもしれません。

・関連記事
「格安iPhone」実現より困難に、Appleが独自モデム開発失敗でクアルコムとの契約を2027年まで延長 | Buzzap!

【速報】HuaweiとAppleがちんこ勝負、「Mate 70」をiPhone 16にぶつけることに | Buzzap!

iPhone 16「不人気モデル」確定か、出荷減4000万台でAppleが『最もシェアを落としたメーカー』となる可能性も | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)