iPhone 16「Xperiaと同様かつ多機能なシャッターボタン」搭載か、片手でもキレイな撮影が簡単に



GalaxyやPixelのようにAIに注力するわけでもなく、代わり映えしないという声も散見されるようになったiPhone。

しかし今年、カメラ機能については大きく変わることになりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、iPhone 16シリーズに搭載と目されるシャッターボタンには、フォーカスを合わせる機能もあるそうです。

「キャプチャボタン」と呼称されるこのボタンは軽く押せばピントや露出を合わせられ、強い力をかけるとシャッターを切ることができるとのこと。

デジタルカメラではおなじみですが、スマホとしてはソニーのXperiaが導入するのみだった機能でもあります。


しかし感圧ではなく静電容量式を採用することで、1つのボタンでズームの調整までこなせるなど一歩上を行く機能を実現するとも目されているiPhone 16。

一眼の技術を注ぎ込んだ撮影体験がウリであるXperiaのお株を一部奪う形にもなりますが、長らくカメラセンサーを納入し続けているソニーとAppleとの関係性は今後も続いていくのでしょうか。

・関連記事
HuaweiとAppleがちんこ勝負、Mate 70をiPhone 16発売時期にぶつけることに | Buzzap!

iPhone 16「不人気モデル」確定か、出荷減4000万台でAppleが『最もシェアを落としたメーカー』となる可能性も | Buzzap!

iPhone 16「全モデルにアクションボタン搭載」確実か、耐久性も向上して新機能も追加へ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)