ソフトバンク「1円のiPhone 15」投げ売りにドコモとauが4万4000円割引で対抗、大容量モデルや機種変更も対象で三つどもえの戦いに



Buzzap!で2021年7月からお伝えしている大手各社の仁義なきiPhone値下げ合戦。

ソフトバンクの価格破壊を受け、人気の最新iPhoneをドコモとauも大きく値下げし始めたようです。詳細は以下から。

Buzzap!編集部に読者から寄せられた情報によると、都内の大手家電量販店で携帯各社が「iPhone 15」を値下げしているそうです。

まず抑えておきたいのがソフトバンク。MNPないし22歳以下の新規契約ユーザーが分割払いでiPhone 15(128GB)を購入し「新トクするサポート(バリュー)」に加入すると、月々1円を支払うだけで済んでしまいます。

月1円を実現するには1年後忘れずに本体に返却する必要がありますが、最新のiPhoneがこの価格で済むいうのは間違いなく好条件です。


一方ドコモとauはMNPを条件に4万4000円を割引。128GBモデルでも3万円程度の負担額は発生しますが、返却は1年ではなく2年後でいいというメリットがあります。

また、ドコモでは機種変更のユーザーでも3万3000円の割引が受けられるほか……


auではどの容量のモデルでも値下げ対象になっています。


それぞれ強みがあるiPhone 15を巡る3社のキャンペーン。

入学や新生活が近づくにつれて、Androidスマホでみられる「本体価格そのものを改定して大幅値下げする」といった大胆な手法が飛び出してくることも考えられるだけに、各社の対応から目を離せそうにありません。

・関連記事
【速報】格安パソコン「T-BAO T8 Plus」ほぼ2万円で過去最安に、Intel最新CPU搭載で省電力の超小型モデルが大容量版も大幅値下げ | Buzzap!

Core i7搭載の格安パソコン「GMKTEC NucBox M2」値下がり、仕事やゲーム、創作活動などに大活躍の高性能モデルに | Buzzap!

超格安タブレット「Alldocube iPlay 50 Mini」ほぼ1万円に、高い表示性能で電子書籍や動画視聴に最適な『お値段以上』の1台が値下げ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品(PR)