ソフトバンク「Xiaomi 13T Pro」1円まさかの強化、20万円級の超高性能スマホもはや『タダ同然』が当たり前に



ゲーミングスマホに匹敵する超ぬるぬる表示の有機ELディスプレイ、20万円スマホ「Xperia 1 V」などに迫る処理能力、そして光学ズームもある高画質カメラ。

そんな非の打ち所がない1台を、ソフトバンクが引き続き破格で提供し続けることが明らかになりました。詳細は以下から。

Buzzap!編集部に読者から寄せられた情報によると、都内の大手家電量販店でソフトバンクが「Xiaomi 13T Pro」を破格で提供しているそうです。

これはMNPないし22歳以下の新規契約ユーザーがXiaomi 13T Proを48回払いで購入し「新トクするサポート(スタンダード)」を適用すると、毎月1円を支払うだけで済むというもの。

昨年12月末にスマホ値引きの新規制が施行されてからは安く使える期間が1年間へと短縮されていましたが、本体価格が2万円ほど値下がりした結果、2年間に戻っています。


本体を返却する必要こそあるものの「とにかく高性能なスマホを、なるべく面倒抜きで安く使いたい」というニーズにぴったりハマる新たなセール。

ディスプレイ、処理能力、カメラ、充電速度など、どれを取っても申し分ない1台のため、試してみる価値は十分あります。

Xiaomi 13T Pro本体。ゲーミングスマホに匹敵する144Hz表示や直射日光下でも明るいピーク輝度2400nitの6.7インチ1.5K(2712×1220)有機ELディスプレイを搭載しています。


Snapdragon 8 Gen 2に匹敵する処理能力のDimensity 9200+や12GBメモリ、256GBストレージを備えた正真正銘のフラッグシップスマホ。大容量5000mAhバッテリーは「神ジューデン」こと120W急速充電によって19分で満タンにできるため、『目が覚めたら電池切れ一歩手前』といった絶望的状況でも安心です。


背面カメラは1/1.28インチの大型センサーを採用した5000万画素メイン、光学2倍の5000万画素望遠、1200万画素超広角の3眼構成。4K60fps、8K24fps動画も撮影できます。


高い処理能力と美麗なディスプレイ、そして立体音響技術「ドルビーアトモス」対応のステレオスピーカーによって、動画配信サービスやゲーム、音楽を没入感たっぷりに楽しめるのが特徴です。


実際に触ってみたところ。快適にスイスイ動いてくれますが、ここで押さえておきたいのが「大画面にもかかわらず、片手で操作しやすい」点。片方の手だけでほとんどの操作を完結できています。

・関連記事
格安パソコン「T-BAO T8 Plus」ほぼ2万円で過去最安に、Intel最新CPU搭載で省電力の超小型モデルが大容量版も大幅値下げ | Buzzap!

【8インチ】「Alldocube iPlay 50 Mini Pro」値下げで2万円に、7万円台のスマホに匹敵する性能で電子書籍や動画にもピッタリの格安タブレット | Buzzap!

【10インチ】格安タブレットの決定版「Alldocube iPlay 50 Pro」ほぼ2万円に値下げ、同性能スマホの1/3の価格で動画視聴に最適なステレオスピーカーを備えてカーナビ代わりに活躍も | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品(PR)