【後編】官房長官ごっこもできる「令和」のルーツ、太宰府の坂本八幡宮を訪れてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年始まった「令和」が生まれた場所はどんなところなのでしょうか。前編では定番の太宰府天満宮を訪れてみましたが、後編ではそこからバスで10分ほどの太宰府政庁跡、そして坂本八幡宮に足を伸ばしてみます。 (さらに…)(続きを読む...)

【前編】「令和」のルーツとなった現場を見に太宰府を訪れてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年始まった「令和」が生まれた場所はどんなところなのでしょうか。訪れてみました。 (さらに…)(続きを読む...)

【コラム】新元号「令和」を巡るいくつかの豆知識、元ネタを辿ると中国の古典に

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の歴史上初めて国書である「万葉集」を出典とする新元号の「令和」ですが、その由来を探っていくと、中国と日本の切っても切れない深い関係をはじめ、いろいろと興味深い事が分かります。1ヶ月後の改元を前にこの元号に込められた意味を探ってみましょう。 (さらに…)(続きを読む...)

政府が非公開とした新元号原案と考案者、さっそく翌日に全部お漏らし

このエントリーをはてなブックマークに追加

不採用案は公開せず、選考過程も30年間は非公開とするはずでしたが、新元号決定の翌日にさっそくのお漏らし祭となっています。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)