新指標「修正エンゲル係数」を総務省が創造、富裕層の貯蓄などを支出扱いすることで近年の急上昇をなかったことに

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費支出全体に占める食料支出(食料費)の割合を割り出すエンゲル係数。 「所得が低くなるにつれ、エンゲル係数は上がる」などのわかりやすさもあり、長きにわたって生活を測る指標として活用されてきましたが、総務省が突然新たな尺度を加えたことが明らかになりました。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)