小山田圭吾辞任、東京オリパラ開会式楽曲担当決定も「障がい者いじめ」告白記事で炎上

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開会式の演出を担当していたコーネリアスの小山田圭吾さんが過去の「障がい者いじめ」を告白した音楽雑誌の記事での大炎上を受け、辞任する意向をしめしたことを日本テレビなどが報じています。 (さらに…) (続きを読む…)

コーネリアス小山田圭吾の「障がい者いじめ」告白が物議、東京オリパラ開会式楽曲担当で再度脚光を浴びてしまう

いじめは、いじめた側にとってはヤンチャな武勇伝でも、いじめられた側にとっては一生残る傷となる可能性のあるもの。 そうしたいじめを音楽雑誌で詳しく語って聞かせていた「コーネリアス」の小山田圭吾さんが「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の開会式の演出を担当することになり、過去の発言に再び注目が集まっています。 (さらに…) (続きを読む…)