高校生の心をえぐる「山月記」はどれだけの教科書が採用しているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデンティティを確立できず誰もが「特別でありたい」と右往左往する多感な高校生たちの心を「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」というパワーワードで容赦なくえぐる中島敦の短編小説「山月記」。 葛藤の果てに望みを叶えられず、虎となってしまった男「李徴」に自らを重ね合わせてしまった人も少なからずいそうな同作の教科書での採用動向を調べてみると、意外な傾向が見えてきました。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)