これは一見の価値あり、とてつもなく緻密な盆栽ジオラマを生み出す相羽高徳の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

盆栽は平安時代に中国から日本に入ってきた文化ですが、70年代に入ると「BONSAI」という名でヨーロッパでも趣味として人気を集めるようになりました。 (さらに…)(続きを読む...)

空間まるごと水玉模様、新作もある草間彌生の個展「永遠の永遠の永遠」

このエントリーをはてなブックマークに追加

水玉模様を作品に多く用いることで知られる、現代芸術家の草間弥生。そんな彼女の個展が現在開催中です。御年83歳という高齢にも関わらず、この個展に合わせて大判キャンバス3枚もの新作を完成させ、解説も自ら行っています。 (さらに…)(続きを読む...)