横から見るとただの紙、近未来感あふれる8Kシート型有機ELディスプレイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級の家電の見本市「CEATEC JAPAN 2016」において、近未来感あふれるディスプレイが展示されていました。詳細は以下から。

NHKブースに展示されていた「シート型8Kディスプレイ」。130インチの8K対応ディスプレイです。

4K対応の有機ELディスプレイを4枚貼り合わせることで8Kを実現。ディスプレイの供給元は大画面有機ELテレビをいち早く開発したことでも知られるLGです。

さっそくその薄さを確認。斜めから見てみるとあまりピンときませんが……

横から見ると紙のような薄さに驚かされます。

裏面はこんな感じ。4枚貼り合わせられていることが分かります。

実際に横から見たところを撮影した動画はこんな感じ。

また、現在4KテレビではHDR対応が進んでいますが……


会場では8K HDR対応ディスプレイが展示されていました。

動画で撮影してみたところはこんな感じになります。

2018年の実用放送開始を目指して開発が続けられている8K。気が付けば6万円にまで値下がりするなど、4Kテレビの価格崩壊が続いていますが、あくまで買い換えの本命は8Kと考えるべきなのでしょうか。

・関連記事
55インチでわずか5万円台、Xiaomiが破格の4Kテレビ「Mi TV 3S」発表 | BUZZAP!(バザップ!)

4Kテレビついに6万円、フルハイビジョンテレビと価格が逆転する事態に | BUZZAP!(バザップ!)

家電業界の見本市「CEATEC JAPAN 2016」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Ankerの新家電ブランド「eufy(ユーフィ)」発表会まとめ、安価なロボット掃除機やスマホを充電できるデスクライトなどが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】まもなく発表のNexusに代わるGoogle最新スマホ「Pixel XL」「Pixel」の性能情報まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Zenfone 3ついにお披露目、ASUS発表会「Zenvolution」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加