「Snapdragon 8 Gen 4」低クロック動作すらGen 2圧倒の『えげつない高性能』に、ただし消費電力や発熱問題の懸念消えず



10月に発表と目されるクアルコムの最新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 4」。

性能についてさまざまな情報が飛び交う中、いち早くスコアテストを行っている様子が公開されました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、プロトタイプのSnapdragon 8 Gen 4を用いたベンチマークテストが行われたそうです。

使われたアプリはベンチマークの定番「AnTuTu(V10.2.5)」で、はじき出されたスコアは約170~190万でした。


この数字だけみるとAnTuTuで200万以上のスコアを出す「Snapdragon 8 Gen 3」に全く及んでいないように思えますが、今回のテストは低クロック動作で実施されたとのこと。

つまり、全力を出さずともスコア140~150万程度の「Snapdragon 8 Gen 2」を圧倒していることになります。

高性能であることは確かであるものの、従来の「超巨大コア+大型コア+省電力コア」構成から「超巨大コア+大型コア」に変更されたため、消費電力や発熱に懸念が残るSnapdragon 8 Gen 4。

シリーズ初となる最先端の3nmプロセスで製造されることで消費電力と発熱は低減されますが、果たしてどれだけ相殺できるのでしょうか。

・関連記事
Snapdragon 8 Gen 4が超高速な次世代メモリ「LPDDR6」対応か、iPhone 16 Proは見送りでAndroidスマホと処理能力やAI関連の性能差が歴然に | Buzzap!

【悲報】Galaxy S25 Ultra「積層型バッテリー」非搭載でiPhone 16に見劣り、Snapdragon 8 Gen 4高騰で65W急速充電も非対応に | Buzzap!

【衝撃】「Snapdragon 7+ Gen 3」搭載の格安スマホ、たった4万円でGalaxy S23 Ultraなど20万円の高級機と並ぶ処理能力でコストパフォーマンスがとんでもないことに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)