【衝撃】「Snapdragon 7+ Gen 3」搭載の格安スマホ、たった4万円でGalaxy S23 Ultraなど20万円の高級機と並ぶ処理能力でコストパフォーマンスがとんでもないことに


先日クアルコムが発表したミドルハイ向け最新プロセッサが、とんでもないことになっています。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのがこちら。ベンチマークアプリ「AnTuTu」がハイミドルスマホを対象に行った処理能力測定で、Snapdragon 7+ Gen 3搭載の最新モデル「OnePlus Ace 3V」が146万ものスコアをはじき出しました。

そして昨年Buzzap!編集部で測定したXiaomi 13T Pro、Galaxy S23 Ultra、Xperia 1 V、AQUOS R8 proのスコアはこんな感じ。Snapdragon 7+ Gen 3の処理能力がSnapdragon 8 Gen 2やDimensity 9200+と変わらないことが分かります。

OnePlus Ace 3Vの本体価格が1999人民元(約4万2000円)であることを踏まえると、べらぼうと言うほかないコストパフォーマンスに驚かされてしまう今回の測定結果。

シャープがSnapdragon 7+ Gen 3搭載スマホを発売することが予告されているため、今年は「ハイエンド級の性能を実現した低価格スマホ」が注目を集めそうです。

・関連記事
「POCO F6」格安スマホながらGalaxy S23 Ultra超えのAnTuTuベンチ170万オーバー、Snapdragon 8s Gen 3の実力が明らかに | Buzzap!

新型ニンテンドースイッチ「PS4 Pro並の処理能力」でグラフィック大幅向上か、ただしプロセッサはサムスン製造で発熱や消費電力に懸念も | Buzzap!

「Snapdragon 8s Gen 4」開発中か、低価格な高性能スマホ向けプロセッサで「Dimensity 9400」に対抗せざるを得ない事態に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]