あの「盛り塩」の起源、京都発祥の「立砂(盛砂)」はどこから来たのか

ユネスコの世界遺産にも登録された京都の上賀茂神社。訪れるとひときわ目立つのはふたつの円錐状の「立砂」です。 厄払いの「盛り塩」の起源とされるこの立砂、実は京都の他の神社にも存在しています。いったいどのような由来があるのでしょうか。 (さらに…) (続きを読む…)

【東九条から桂川合流点まで】京都人の憩う「鴨川」、始点から終点まで走り抜けてみました

京都の街を流れる鴨川。京都人にとっても移住者や旅行者にとっても憩いの場所として人気のこの川をその最初から最後まで走ってみました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

【鴨川デルタからJR橋梁まで】京都人の憩う「鴨川」、始点から終点まで走り抜けてみました

京都の街を流れる鴨川。京都人にとっても移住者や旅行者にとっても憩いの場所として人気のこの川をその最初から最後まで走ってみました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

京都がホタルの季節真っ盛りに、どこに行ったら見れる?

京都と言うからには京都市内のお話です。そう、京都は147万人の人口を擁する日本第8位の政令指定都市ですが、市街地でホタルを見ることができます。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

デヴィッド・ボウイの愛した京都の寺院「正伝寺」を訪れてみました

京都を愛し、一時期は住んでいたことでも知られるデヴィッド・ボウイ。そんな彼が愛した、洛北のはずれの小さな山寺を訪れてみました。 (さらに…) (続きを読む…)

豊臣秀吉を神として祀る京都の豊国神社、そして日本史上最大の言いがかり「国家安康」「君臣豊楽」の梵鐘を訪ねる

1200年を超える歴史を誇る京都では、大阪と違い伏見城や高台寺を除いては影の薄い豊臣秀吉。ですが実際には秀吉の墓所も京都に存在しており、浅からぬゆかりがあります。 そんな豊臣秀吉ゆかりの有名ながら訪れる人の少ないスポットを歩いてみました。 (さらに…) (続きを読む…)

神道と仏教の出会った熊野那智大社と青岸渡寺から日本三大瀑布のひとつ、那智の滝を巡る

熊野古道を巡り、熊野三山最後の熊野那智大社へと向かいます。ここは古事記よりも聖徳太子よりもはるかに昔、仏教とまだ神道と呼ばれていたかも定かではない頃の土着の信仰が出会った場所なのです。 (さらに…) (続きを読む…)

「まぐろといえば刺身」の常識をひっくり返す、那智勝浦町の「まぐろ中とろカツ定食」の唯一無二の味わいを堪能してきました

まぐろといえば刺身、刺身と言えばまぐろ。日本人の心の奥底に刻まれたその大前提を軽々とひっくり返してくれるとんでもないご当地メニューを堪能してきました。 (さらに…) (続きを読む…)

【後編】熊野古道の入門編、熊野本宮大社までの道を発心門王子から歩いてみました

四国のお遍路と共に近年多くの人の注目を集めているのが紀伊半島南部を巡る熊野古道。その歴史は古く、平安期以降天皇から庶民まで幅広い日本人がこの地に「熊野詣(くまのもうで)」と呼ばれる参拝の旅に出ました。 そんな熊野古道の三山として知られる熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を訪れてみました。 (さらに…) (続きを読む…)

【前編】熊野古道の入門編、熊野本宮大社までの道を発心門王子から歩いてみました

四国のお遍路と共に近年多くの人の注目を集めているのが紀伊半島南部を巡る熊野古道。その歴史は古く、平安期以降天皇から庶民まで幅広い日本人がこの地に「熊野詣(くまのもうで)」と呼ばれる参拝の旅に出ました。 そんな熊野古道の三山として知られる熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を訪れてみました。 (さらに…) (続きを読む…)