1リットルのガソリンで日本を縦断できてしまう超絶低燃費の自動車をフランス人学生が開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガソリン代の高騰、頭の痛い話です。でももし1リットルのガソリンで日本縦断できる車があるとしたら…?詳細は以下から。

フランス西部、ナントのLa Joliverie大学の学生グループが発明した超低燃費の自動車がMicrojoule。車体重量わずか35kg、1リットルのガソリンでなんと約3300kmを走破することができてしまいます。

日本列島を北海道の稚内から鹿児島県の枕崎市まで走っても2300km弱と考えると、縦断しても日本を半分走れるだけガソリンが余ることになります。

このMicrojouleは2003年にShell Europeanによるエコマラソンコンテストの世界最低燃費車に、200の参加チームをぶっちぎって輝いた車両。プロジェクトに携わった学生によると

「Microjouleは内燃機関を持ち、通常の燃料で動くことができます。重量は35kgで、全てカーボンファイバー製です。転がり抵抗と空気抵抗が非常に低く、抗力係数も非常に低く抑えられています。例えばホイールを回転させれば、止まることなく何kmも転がってゆきます」

Microjouleは水滴を模した形状をしており、燃料にはガソリンの他エタノールも使用可能。また、ドライバーの体重は最低50kgは必要とのこと。

Road to Rotterdam Team Microjoule on Vimeo

こちらの動画を見るとサイズが良く分かりますが、あくまでひとり乗りで荷物を載せる余裕などは全くありません。また、3300kmというのもテスト用トラック上でのことであり、路面状況も様々で、信号も渋滞もある公道に直接当てはめることはできません。

しかし、燃費がよいということは個々の燃料費だけでなく、化石燃料の使用量を減らすことにも直接繋がります。燃料の高騰が悩ましいこの時代、少しでもこうした方向のテクノロジーが取り入れられ、洗練されていくことが大切ではないでしょうか。

French Students Invent Car That Runs for 2,000 Miles on a Single Liter of Fuel Oddity Central – Collecting Oddities

ガソリン節約のための燃費の本―エコドライブが楽しく続けられる!
宮野 滋
三樹書房
売り上げランキング: 473,535

・関連記事
エキゾチックで超クール!イスラム女性のイメージを覆すモロッコのバイカー女子たちの写真集 BUZZAP!(バザップ!)

【注意喚起】今後インドでは立ちションすると覆面の男たちに放水車で攻撃されます BUZZAP!(バザップ!)

ガッカリ?世界の超有名観光地15か所を遠くから眺めるとこんなことに BUZZAP!(バザップ!)

【マジキチ】自動的に伸縮するあまりに凶悪な「ウルヴァリンの爪」を自作してしまった男 BUZZAP!(バザップ!)

ベネズエラの首都にそびえ立つ世界最高層のスラム街「ダビデの塔」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加