熊本タクシーがスレイヤーズの「竜破斬(ドラグ・スレイブ)」詠唱、赤眼の魔王の力を借りて利便性をアピール

このエントリーをはてなブックマークに追加

90年の歴史を誇る熊本タクシーが赤眼の魔王・シャブラニグドゥの力を借りた無差別破壊呪文「ドラグ・スレイブ」の詠唱を行いました。

これが熊本タクシーの公式Twitterアカウントが行ったツイート。ドラグ・スレイブの詠唱をした上で、タクシー配車アプリを使えば長い呪文を詠唱することなく一発配車できることをアピールしています。

なお、元ネタは90年代に怒濤のメディアミックス展開で大ヒットし、先日25周年アンソロジーも発売された神坂一原作のライトノベル「スレイヤーズ」の主人公、リナ=インバースが事あるごとにぶっ放す最強呪文。思春期を直撃した30代には、今でも詠唱できる人が多いのではないでしょうか。

なお、熊本タクシーはコーエーテクモゲームスとコラボした「戦国無双4」仕様の痛タクシーを運行中。どうやらアニメやゲームなどと親和性が高いようです。

・関連記事
シリーズ25周年を祝う公式本「スレイヤーズ 25周年あんそろじー」発売 | BUZZAP!(バザップ!)

あの「スレイヤーズ」がパチンコ化決定、PVも公開中 | BUZZAP!(バザップ!)

エヴァの「リツコさんが太鼓を叩いている画像」の元ネタが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Naverまとめの「ライトノベルの歴史を本気でまとめてみた!70年代から2014まで」がガチで使えると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加