1940年代後半、第二次世界大戦からの復興を果たしつつある東京の路上の貴重な動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二次世界大戦の終わった40年代、東京はどのような姿をしていたのでしょうか?

1945年8月、ポツダム宣言を受諾して無条件降伏した日本。その後は焼け跡からめざましい復興を遂げることとなりますが、そんな1940年代後半の東京を撮影した珍しい動画が存在しています。

Japan 1940’s in HD – YouTube

この動画には詳細なキャプションなどが付いていないため、撮影者などの詳細は不明ですが、進駐軍関係者と推察されます。最初のシーンでは電信柱に「日比谷病院」「銀座 日本橋」の広告があることから撮影場所が東京であることが分かります。

こちらのシーンの屋台街は奥に見える「道玄坂百貨街」の看板から渋谷の道玄坂で確定と考えて良さそうです。

3番目のシーンでは進駐軍のものでしょうか、ジープが画面を走り去り、奥のお店にはアルファベットを用いた看板が少なからず見受けられます。戦時中との雰囲気の違いがそこかしこに現れているのを感じることができます。

経済企画庁が経済白書「日本経済の成長と近代化」の結びで「もはや戦後ではない」と述べて流行語となったのは戦後11年目の1956年(昭和31年)。この映像が捉えているのはそんな奇跡的な10年間のまさに途上の姿と言えるでしょう。

同時期に撮影されたと考えられるこちらの映像では崩れかけたあばら屋が存在しており、路肩なども整備されておらず、未だ道半ばということがよく分かります。

Japan Street Scenes, late 1940s – YouTube

さて、今の日本はこんなバイタリティを持っているのでしょうか?

vintage everyday_ Rare footage give us a glimpse into street scenes of Japan in the late 1940s

もういちど読む山川日本戦後史
老川 慶喜
山川出版社
売り上げランキング: 28,831

・関連記事
【画像】「三丁目の夕日」の世界、1957年(昭和32年)の東京の路上と鉄道の風景 | BUZZAP!(バザップ!)

1920年代、大正デモクラシーをきらびやかに彩った「モダン・ガール」たち | BUZZAP!(バザップ!)

【画像】外国人写真家が見た1908年(明治41年)の日本の街角の日常風景 | BUZZAP!(バザップ!)

まるで巨大な生き物のよう、人間の時間の外にある「東京」を切り取るタイムラプス動画「Hello Tokyo」 | BUZZAP!(バザップ!)

最近空を見上げましたか?天使の梯子からゲリラ豪雨まで東京の雲を捉えたタイムラプスムービーがこの上なく美しい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加