【写真動画追加】G’z Oneケータイの再来「TORQUE X01」速攻レビュー、コンクリに落としても平気でクマや遭難にも対応可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの大ヒット機種「G’z Oneケータイ」を思い起こさせるタフネスケータイが、実に6年ぶりに発売されます。詳細は以下から。

これが新たに発売されるタフネスケータイ「TORQUE X01」。光の乱反射を抑えることで太陽光下でも見えやすい3.4インチFWVGA液晶に大音量デュアルフロントスピーカー、グローブを着けていても押しやすい0.5mmキー、1300万画素カメラ、1500mAhバッテリーを搭載。










Wi-Fi、Bluetoothにも対応。Wi-Fiテザリングに対応し、モバイルルーターとしても機能します。

6年前の機種にもかかわらず、白ロム販売サイトで2万円台の値が付く「G’z One Type-X」と並べてみました。



スマホのTORQUEシリーズで培われたアウトドア用ポータルアプリも。気温や気圧、高度などを計測できます。



山歩き用に圏内圏外や温度、高度、距離を読み上げて通知する機能やブザー、ホイッスル、クマ鈴などを備えています。

なかなか大きな音で鳴るブザーやホイッスル。高輝度ライトと合わせて、遭難時などの保険として活用できそうです。

防水・防塵・温度耐久・防湿・対氷結・耐振動・低圧対応・耐日射性能に加え、1.8メートルの高さからコンクリートに落としても大丈夫な耐衝撃性能を実現しました。

氷水に漬けても動作するTORQUE X01。うっかり半分凍った水たまりに落としても大丈夫です。

実際に日本人の平均身長よりも高い、1.8メートルの高さから落としてみた様子。落としても問題なく動作しています。


Android 5.1をカスタムしたOSがベース。Google Playは使えないものの、LINEは利用できます。

文字サイズを大きくするなどのユーザー補助機能も充実。

実際に触ってみた動画などはこんな感じ。

あまりにも反響が大きいため、しっかり触ってみました。これで使用感も分かりやすいのではないでしょうか。

オプション品で専用ストラップも着けられます。



こちらもオプション品のクレードル。ガラケー時代を思い起こさせてくれる一品です。

・関連記事
KDDIのau 2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

三太郎CMのauが2年連続でCM好感度ダントツ1位に、ドコモの順位も飛躍的にアップ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがBIGLOBE買収、固定・モバイル契約者増で非通信領域を含めた事業拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

もはや奇跡、AQUOS SERIE mini SHV33がAndroid 7.0にアップデートへ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加