大切な携帯が水没したら?キャリア各社のデータ復旧サービス比較と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なデータの入った携帯電話が水没。

そんな時に携帯各社がデータ復旧させてくれるサービスを行っていることをご存じでしょうか?詳細は以下から。

スマホや携帯の水没は破損や紛失と並ぶショッキングなトラブルです。国会を揺るがしている森友学園に絡み、「理事長の妻との大切なメールのやり取りが入っている携帯を首相夫人・安倍昭恵さんが水没させて一部データが破損した」と安倍首相が発言しましたが、これでは無実を証明できなくなるどころか、隠蔽を疑われる可能性も出てきてしまいます。

しかし、技術が進歩した今、携帯キャリア各社は水没をはじめとしたトラブルに対応できるサービスを行っています。順に見ていきましょう。

◆NTTドコモ
ドコモには水没や破損などでデータが取り出せなくなった端末から画像や電話帳などのデータを救出する「ケータイデータ復旧サービス」が存在しています。ケータイ補償サービスに加入していれば格安ですが、未加入の場合でも8000円で可能。

ケータイデータ復旧サービス _ お客様サポート _ NTTドコモ

◆ソフトバンク
ソフトバンクはデータが取り出せなくなった端末から別の端末にデータを移行する「メモリーデータ復旧サポート」を行っています。復旧作業が成功した場合のみ5000円がかかりますが、水没の場合の成功率は90%以上とのこと。「あんしん保証パック」などに加入している場合は無料で復旧できる可能性もあります。

ただし、iPhoneとガラケーの場合はメールも復旧できますが、スマホからスマホの場合は不可能となっています。

水濡れ・水没・破損した携帯電話からほかの携帯電話にデータを移行する/メモリーデータ復旧サポート _ 困ったときは _ お客さまサポート _ モバイル _ ソフトバンク

◆au(KDDI)
auの場合はauスマートサポートの一環として「データ復旧サービス」が存在していますが、AOSリーガルテック株式会社提供のデータ復旧サービスの通常提供価格を20%OFFで受けられるというシステムになっています。

データ復旧サービスご紹介 _ auスマートサポート:サービス・機能 _ au

症状によって値段は違いますが、軽度に分類される「水濡れ・水没」の場合は優待価格で4,280円となっています。通常価格だと5136円。

参考料金表(データ復旧サービス) _ auスマートサポート:サービス・機能 _ au

◆その他の企業
もちろんキャリア以外でも水没した携帯電話からのデータ救出を行っている企業は存在しています。

水没携帯データ救出・復旧サービス「モバリカ」

水没・水濡れ・破損の携帯電話から電話帳データや写真を取り出します。データリカバリーサービス

◆水没携帯を取り扱う際の注意点
まず、絶対に電源を入れてはいけないということ。どの程度浸水しているかが分からない状態で電源を入れてしまうとショートして完全に使えなくなってしまう可能性があります。

ドライヤーなどで乾かすのもひとつの手ですが、熱を当てすぎるのも故障に繋がりますし、電池を熱することになるため、取り出せないタイプの場合は危険です。

シリカゲルなどの乾燥剤や米と共にジップロックに入れて数日間放置するというのが最もよく試される対処法で、これだけで復活するケースも少なくありません。

ということで、決して慌てずに冷静に乾かし、それでもダメなら各キャリアのデータ復旧サービスを用いるのが大切なデータを復旧させるコツと言えます。

このように今となっては水没程度ならデータの救出を諦める必要はありません。また、もし大事なデータがメールであれば、送信先の端末に情報が残っている可能性も高いので、すでに手元に端末が無かったとしても諦める必要はありません。

・関連記事
新しいスマホで古いmicroSDカードを使い回してはいけません | BUZZAP!(バザップ!)

修理しても不具合頻発のスマートフォンを新しい機種と交換することはできるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

買ったばかりのiPhoneが値下がりしても大丈夫、差額を返金してもらえることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加