Core i7搭載の新型ハイエンドPC「NVISEN MU05」神値下げ、ゲームもできてトリプル4Kにも対応で仕事やプライベートに大活躍の1台



Intel Core i7シリーズ採用なのに同性能の機種と比べて半額近くという、圧倒的なコストパフォーマンスの良さで人気の格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」の後継機が大きく値下がりしました。

コンパクトなボディに仕事にもプライベートにも活用できる充実の性能を詰め込み、ゲームもプレイできてしまうなど、かなり完成度の高い1台です。詳細は以下から。

これが今回解説する超小型パソコン「NVISEN MU05」。本体サイズわずか12.8cm×12.8cm×4.2cで、NVISEN MU02より1mm薄くなりました。


OSはWindows 11で第11世代「Intel Core i7-1165G7(Tiger Lake、最大4.7GHz駆動)」や16GBメモリ(最大64GBまで増設可能)、M.2接続で高速な512GB SSD(別途S-ATA接続のSSD/HDDも増設可能)を搭載。正真正銘のハイスペックモデルで、拡張性も十分あります。


NVISEN MU02に採用されたCPU「Core i7-1065G7」との比較。クロック数が上がっただけでなく、4コア4スレッドから4コア8スレッドへと進化しています。


マルチコア性能、シングルコア性能のいずれも向上。前モデルから消費電力が増えたものの、それでもたった28Wしかなく非常に省エネです。


興味深いのがゲームに最適化されたGPU「Intel Iris Xe」を採用した点。96基の演算ユニットによって、グラフィック性能が飛躍的に向上しています。


LOL、Overwatchなどの有名タイトルもぬるぬる動作。「同じCPUを搭載したパソコンでFF14をそこそこ快適にプレイできた」という報告もあります。


さらにThunderbolt 4インターフェースを使えば、8Kディスプレイや外付けグラフィックボードの接続にも対応。「必要な時だけ処理能力を追加する」といった使い方もできてしまうわけです。


HDMI 2.0端子やDisplayPort 1.2端子を備えていることから、トリプル4Kディスプレイ環境も構築できます。


ゲームや動画編集、オフィス、オンライン学習、創作活動などさまざまな分野で活躍できる、文字通り仕事にもプライベートにも使える1台です。


高い処理能力のCPUとGPUに大容量メモリ、大容量かつ高速なSSD、USB2.0端子×2、USB3.0端子×4、有線LAN端子を備え、外付けGPUまでサポートするなど拡張性も十分で末永く使えると期待できそうなNVISEN MU05。


以下の通販サイト「Banggood.com」では、タイムセール価格として6万6448円で販売中。6月時点での通常価格が10万9384円だったことを考えると、とんでもなく値下がりしています。

NVISEN MU05 - Banggood.com

・関連記事
【速報】8GBメモリ搭載で人気の「Alldocube iPlay 40H」値下げ、性能十分で動画もゲームも電子書籍もナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット | Buzzap!

【速報】超格安パソコン「BMAX MaxMini B1」1万円に値下げ、十分使えるCPUに8GBメモリ/256GB SSD採用で2万円の「GREEN G2」も割安に | Buzzap!

【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」値下げで2万円台に、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載で十分使える格安スマホ | Buzzap!

【速報】Core i7搭載で競合の半額な格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」値下げ再び、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応 | Buzzap!

【速報】格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル | Buzzap!

Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げで5万円台に、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング