親鶏ファン注目の「味つけ廃鶏」クラファンで人気に、50年間村外不出の秘伝の味

このエントリーをはてなブックマークに追加

香川名物の「骨付鳥」が人気になったことで注目を浴びることになった「親鶏」。柔らかい「雛鶏」と違って硬くて噛み応えがあり、噛むほどに染み出る旨味が特徴です。 そんな「親鶏」好きにはなんとも気になってしまう「味つけ廃鶏」が愛知県の北東の果ての秘境、豊根村からやってきました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)