iPhone 8は有機EL搭載でワイヤレス充電対応、5.8、5.5、4.7インチの3モデル展開も

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年に発売されるiPhoneのラインナップが明らかになりつつあります。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」がメーカー関係者やアナリストによる情報として報じたところによると、AppleはiPhone 8と2機種のiPhone 7s、計3機種のiPhoneを投入する方針だそうです。

iPhone 8はSamsung Display製の5.8インチ有機ELやワイヤレス充電機能、虹彩認証機能を備え、ステンレス製の金属フレームおよび強化ガラス製のシャーシを採用したプレミアムモデルとなる予定。

従来の延長線上のモデルとなるiPhone 7sは4.7インチおよび5.5インチ液晶、アルミニウム合金製シャーシを採用するとされています。

なお、iPhone 8およびiPhone 7sの発売時期は2017年9月で、Appleにとっても新しい試みであることから、例年より早いタイミングで量産に入るとのこと。

プレミアムモデルとなるiPhone 8の本体価格は1000ドル(約11万3000円)を超える見通しで、シャーシを供給する部品メーカーの売り上げが大幅に伸びる可能性があると指摘されています。

New iPhone to enter production early, say sources

Apple expected to use glass chassis for next-generation 5.8-inch iPhone; aluminum-alloy chassis for 4.7-inch

Apple becomes Wireless Power Consortium member

・関連記事
iPhone 7販売失速、Galaxy Note 7爆発特需でもカバーできず | BUZZAP!(バザップ!)

ついにAppleが安価な「整備済みiPhone」を自社で販売開始 | BUZZAP!(バザップ!)

買ったばかりのiPhoneが値下がりしても大丈夫、差額を返金してもらえることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加