もう1本親指が手に入るとしたら?3Dプリントの「義親指」の開発で、義肢の発想がネクストレベルに

このエントリーをはてなブックマークに追加

義肢はもう欠損した四肢を補うだけのものではなくなりそうです。詳細は以下から。

BUZZAP!ではこれまでも義手や義足といった最新の義肢を紹介してきましたが、これらは基本的に先天的・後天的な理由によって起こった四肢の欠損を補うための道具でした。

しかし、こちらの「義親指」はあなたにもう1本親指を生やすという、真逆の発想から生まれた足し算の義肢なのです。

デザイナーのDani Clodeさんが作り上げた義親指「The Third Thumb Project」はまさに3本目の親指となる3Dプリント義肢。誰でも簡単に装着でき、足の動きで操作することが可能です。

実際に装着している動画はこちら。

The Third Thumb Project from Dani Clode on Vimeo.

これによって人間はこれまで存在しなかった3本目の親指という器官を手に入れて操縦することができるようになります。

動画ではグラスを持つ、カードを操る、ギターのフレットを押さえるなどの使い方が提示されていますが、慣れれば極めてスムーズにもう1本の親指として使いこなせるようになりそうです。

攻殻機動隊では指を改造して超絶スピードでタイピングする人物が登場しましたが、身体機能の拡張という用途での義肢はこれからどんどん実用化されることになるのではないでしょうか?操作方法も足ではなく脳波で直接ということになる可能性もありそうです。

いつしか神話の阿修羅のように、自由自在に複数の義手を操る様なことにもなるのかもしれません。

The Third Thumb Project, An Amazing 3D Printed Fully Articulated Digit That Makes Life a Bit Easier

義肢製作マニュアル 第2版
医歯薬出版 (2017-01-27)
売り上げランキング: 448,038

神経系に直繋ぎして動作をコントロールし、触覚もフィードバックできる義肢が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

「触った感覚」を脳で直接感じられる義肢をDARPAが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

下半身麻痺の男性、Bluetoothで脳波を飛ばして足を動かし歩行に成功 | BUZZAP!(バザップ!)

アイアンマン、スター・ウォーズ、アナ雪がテーマの子供用義手が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

右腕を失った彫り師に送られた、世界初の「タトゥーマシン内蔵の義肢」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加