自宅に転がる日用品を宇宙船にリミックスしてみたら…こんなにクールなことになりました

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこにでもある日用品が想像力を掻き立てる宇宙船に生まれ変わっています。詳細は以下から。

アメリカ合衆国のサンフランシスコでソフトウェアエンジニアとして働く傍らフリーランスのアーティストとしても活動を続けるEric Geuszさんは自宅にあった雑貨やキッチン用品からインスピレーションを得て作品を制作。

いずれもその形を活かした宇宙船に生まれ変わっています。いったいどんな役割を担う船なのか、世界観の広がりがたまりません。

Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿

Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿

Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿

Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿

日用品にインスパイアされた作品の世界がさらに見る人にインスピレーションを与えるという素晴らしい作品になっています。これ以外のGeuszさんの作品はArtStationDeviantArtInstagramから閲覧可能。

大友克洋やバンドデシネ作品を思わせる宇宙船やロボットの造形に満ち溢れているのでSF好きは要チェックです。

Artist Creates Fantastic Drawings of Spaceships Inspired by Household Objects

・関連記事
「ブレイブストーム」の岡部淳也監督による「架空のSF時代劇映画」のトレイラームービーが最高なことに | BUZZAP!(バザップ!)

エイリアン侵略後の地球の日常風景のを描くSimon StalenhagのSF絵画シリーズ | BUZZAP!(バザップ!)

「世界一怖いアイスクリームのCM」が完全にSF超大作 | BUZZAP!(バザップ!)

巨大ロボット×20世紀前半の東欧世界を描いたサイバーパンク絵画の世界観がヤバい | BUZZAP!(バザップ!)

サイバーパンクとのどかな田舎が交じり合うSimon Stalenhagの風景画 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加