6.9インチ「iPhone 16 Pro Max」の写真流出、本体サイズそのままで大型化の一方カメラがとんでもないことになりGalaxyのデザインにまで影響か



ついに画面サイズが6.9インチにまで拡大されることが確実視される「iPhone 16 Pro Max」の、気になる本体画像が流出しました。

意外と大きくなっていない……と思いきや、今度は別部分の問題が明らかになっています。詳細は以下から。

iPhoneに関するリーク情報を多数提供しているMajin Bu氏により、iPhone 16 Pro Maxのダミー機が公開されました。

丁寧にも6.7インチの現行モデル「iPhone 15 Pro Max」と並べられたことで、サイズ感がよく分かるiPhone 16 Pro Max。


6.7インチと6.9インチが並んだにしてはあまり違いが感じられないのは、超極薄のベゼルを実現する新技術「BRS (Border Reduction Structure) 」のたまものです。

これだけなら『素晴らしい仕上がり』で済むのですが、問題は突出したカメラ。背面を真上から見ても明らかにサイズ感が増しているのがわかります。


横から見ると一目瞭然で、現行の1/1.28カメラセンサーから1/1.14インチに大型した弊害がかなりわかりやすく。なお、側面の見慣れないボタンはXperiaではおなじみの「シャッターボタン」だと思われます。


限られたサイズの中でカメラの高性能化を目指すにあたり、Appleの「テトラプリズム」レンズやソニーの積層型CMOSセンサー「Exmor T for mobile」のような最新技術が続々登場しているにもかかわらず、避けられなかったカメラの異物感。

特に、「Galaxy S24 Ultra」で出っ張りが余計目立ってしまうフラットディスプレイを採用したSamsungに対しては、著名なリーカーIce Universe氏も「遅かれ早かれ問題に直面することになる」「iPhone 16 Pro MaxのカメラがSamsungに何かを気づかせる」と警告するに至っています。

今後、各メーカーがどのような形のスマホに調整していくかに注目が集まりそうです。

・関連記事
薄型特化の新モデル「iPhone 17 Slim」登場か、ついにPlusシリーズお役御免も大画面路線は継続へ | Buzzap!

「20インチの折りたたみiPad」開発中か、『iPhone Fold』も厳しい耐久試験をクリアし無事製品化へ | Buzzap!

【朗報】「Galaxy S25 Ultra」6.9インチに大型化、世界最高性能や大容量16GBメモリでiPhone 16 Pro Maxに完全対抗へ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)