iPhone 17 Pro「全カメラが4800万画素」「前面カメラにも光学手ブレ補正」に超進化か、光学10倍ズーム対応やまさかの『前面2倍』も


もしiPhoneで撮影をガッツリ楽しみたいと思うのであれば、来年まで待った方がいいかもしれません。詳細は以下から。

最新スマホや半導体に関するリーク情報において多くの実績があるRevegnus氏によると、「iPhone 17 Pro」のカメラはすべて4800万画素のものに刷新されるそうです。

「Samsung Securities(サムスン証券)」がソースであると明言していることから、信頼性も高いと思われるこの情報。

iPhone 15 Proの背面カメラ(4800万画素広角/1200万画素超広角/1200万画素望遠)から大きく進化するほか、同じく1200万画素→4800万画素になる前面カメラには光学手ブレ補正も搭載されるとのことです。

なお、「iPhone 15 Pro Max」で光学5倍ズームを実現した「テトラプリズムレンズ」は改良により、2025年以降光学10倍ズームにも対応する見込み

テトラプリズムレンズは本体サイズの問題で「iPhone 15 Pro」には組み込めなかったものの、「iPhone 16 Pro」では搭載されることが確実視されています

それでなくてもセンサーが4800万画素になればクロップズームが使えるようになるので、光学ズームが5倍のままでも10倍相当の画質を実現できることになるiPhone 17 Pro。

さらにフロントカメラもクロップにより光学2倍相当のズームが使えるようになり、アップでキレイな自撮りを楽しめるようになる可能性があります。

今年発売とみられるiPhone 16 Pro Maxのカメラに関してはあまり情報が出ていないのが現状ですが、iPhone 17ではProもPro Maxも大幅進化が期待できそうです。

・関連記事
【悲報】「iOS 17.4」でiPhone 13のバッテリー消費が過去最悪を大幅更新しiPhone 15にも悪影響、ただし12は改善 | Buzzap!

「iPhone 16 Pro」バッテリー持ちや低発熱に注力か、Apple A18 Proの処理能力は『10%向上』にとどまる可能性 | Buzzap!

iPhone 15「バッテリー寿命2倍」に、iPhone 15 Proなどシリーズ全機種が末永く使えるように | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]