「iPhone 16 Pro」も光学5倍ズーム搭載へ、より美麗な大画面有機ELやバッテリー増量で大きく進化へ



同じハイエンドモデルなのにカメラ機能に大きな違いがあったiPhone 15 ProとPro Max。

今年は改善される上に、両モデル共に数々の改良が加えられるようです。詳細は以下から。

調査会社「TrendForce」のプレスリリース老舗Apple系メディアMacRumorsの報道によると、「iPhone 16 Pro」はテトラプリズム望遠ズームレンズを搭載するそうです。

焦点距離120mmの光学5倍ズームを可能にするテトラプリズムレンズは、現状iPhone 15 Pro Maxにのみ搭載されているもの。


小型なiPhone 15 Proへの採用はできていませんでしたが、狭額縁化技術の進歩による内部スペースに余裕が生まれるため、16 Proには組み込めるようになるとみられています。

ディスプレイが6.1から6.3インチになるものの、狭額縁化によって本体サイズはほぼ変わらないと目されるiPhone 16 Pro。

さらにPro/Pro Max両方で以下のアップデートも予測されており、今までにない進化でAndroid陣営にプレッシャーを与えることになりそうです。

・「マイクロレンズアレイ」技術で画面が明るくなり視野角も広く
・最大ストレージ容量が1TB→2TBに
・超広角カメラが1200万画素→4800万画素に
・バッテリー容量アップ(Pro:3274mAh→3355mAh、Pro Max:4441mAh→4676mAh)
・チタンボディが低コストでより高い完成度に

・関連記事
iPhone 16 Pro「買ったときの電池持ち」維持し続けられるように、バッテリーの放熱性能アップで長寿命化を実現へ | Buzzap!

新型「iPhone SE(第4世代)」は『廉価版iPhone 16』になる可能性、有機ELや大画面化、Dynamic Islandなど完全に刷新 | Buzzap!

iPhone 16「カメラは縦型配置」確実に、Vision Proに合わせてiPhone Xの形に回帰へ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)