【悲報】廉価版「Galaxy Z Fold6」見送りか、最上位モデル『Ultra』投入で低価格な折りたたみスマホはHuaweiやZTEの独壇場に


かねてより2種類のモデル展開になると目されてきた「Galaxy Z Fold6」

元が高額なだけに廉価版が投入されるという見方が主流でしたが、まさかの可能性が浮上しました。詳細は以下から。

海外メディア「WinFuture」の報道によると、Samsungの今年の横折り型スマホは「Galaxy Z Fold6」と「Galaxy Z Fold6 Ultra」の2種類になるそうです。

これはWinFuture独自の情報源によるもの。

詳細は不明としつつも、ディスプレイサイズやメモリ構成、カメラ性能、バッテリー容量、本体サイズ、Sペンの有無といった差別化が推測されています。

「Galaxy Z Fold5」時点で安くても24万円超えの高額スマホなため、もし実現したらとんでもない価格になりそうなGalaxy Z Fold6 Ultra。

合わせて無印を値下げして差別化を図る可能性もありますが、高級路線に突き進んだ場合、低価格な折りたたみスマホでシェアを狙うHuaweiやZTEに対抗できるのでしょうか……。

・関連記事
「Galaxy Z Fold6」2億画素カメラに刷新でS24 Ultraと同じ高画質に、ただしバッテリーが犠牲になる見通し | Buzzap!

サムスン「3つ折りスマホ」まもなく発売か、ファーウェイと『世界初』めぐり大激突で廉価版「Galaxy Z Fold6 FE」投入も | Buzzap!

【朗報】「Galaxy S23 FE」発熱問題なしで文句なしの廉価版に、実機でベンチマークを試してみた | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]