ヒューマンジーこと「オリバー君」が死去、「人間とチンパンジーの中間」として話題を集める

このエントリーをはてなブックマークに追加



かつて「人間とチンパンジーの中間」としてテレビ出演などを果たし、話題を集めたヒューマンジーこと「オリバー君」が亡くなったことが明らかになりました。



Oliver the 'Humanzee' chimp dies at Texas refuge | khou.com Houston

アメリカのテキサス州・ヒューストンの地元紙「khou.com」が報じたところによると、テキサス州・サンアントニオの保護区において、チンパンジーのオリバー君が亡くなったそうです。霊長類担当の職員によると少なくとも享年55歳で、晩年は目がほとんど見えず、歯も無く、関節炎に苦しんでいたとのこと。

オリバー君は直立二足歩行をすることや、染色体が通常のチンパンジーが48本、人間が46本であるのに対して47本であることなどを理由に人間とチンパンジーの中間「ヒューマンジー」として来日した際はテレビなどで活躍。1970年代に一躍ブームとなりました。

しかし、ブームが過ぎ去り、アメリカに帰国したあとは所有者を転々とし、サーカスや見世物小屋で見世物として扱われたほか、その後はペンシルバニア州の化粧品会社が所有する実験所にある小さな檻で7年間を過ごすなど、不遇が続いていました。そして198年に動物保護団体によって保護区へと移され、晩年を過ごしたということです。

なお、オリバー君の染色体の数については後に日本の放射線総合医学研究所やシカゴ大学の専門家によるDNA検査によって、チンパンジーのものと同じであることが判明。「ヒトの染色体と近い」いった根拠はみられなかったそうです。

ちなみに以下のサイトでもオリバー君について解説されており、当時の様子が分かる写真なども掲載されています。

☆1976年の羽田空港へヒューマンジー来日す。『類人猿のオリバー君記念バッチ』 :: ☆東京のレトロな生活骨董の店スピカ

・関連記事
追悼会「東郷健を偲ぶ」開催へ、監督映画上映や寺山修司作詞・J.A.シーザー作曲「薔薇門」ライブも | BUZZAP!(バザップ!)

声優の青野武さんが逝去、ちびまる子ちゃんの友蔵や天地無用!の勝仁、ピッコロ大魔王役などを好演 | BUZZAP!(バザップ!)

【訃報】ドラゴンアッシュ(Dragon Ash)のIKUZONE(馬場育三)さん、46歳で逝去 | BUZZAP!(バザップ!)

【訃報】ビースティ・ボーイズ(Beastie Boys)のMCA(Adam Yauch)が死去 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加