ビクターが空気清浄機能付きオーディオシステム「NX-SA5/SA3」発表、ただしファンの回転音付き

このエントリーをはてなブックマークに追加



パナソニックが先日、「ナノイー」を発生させて空気を清浄し、美肌などにも貢献するとうたった液晶テレビ「VIERA CF5シリーズ」を発表しましたが、今度はビクターが空気清浄機能を搭載したオーディオシステムを発表しました。



「新音場システム」と「省スペースタワーデザイン」の融合で、リスニングポイント・設置場所を自由にする、コンパクトコンポーネントシステム「NX‐SA5/SA3」を発売 報道資料 | JVC

VictorとKenwoodが統合されたJVCケンウッドのプレスリリースによると、同社は6月下旬から円周上に配置した4スピーカー×4アンプ構造と独自の「新音場システム」を搭載した新型コンパクトコンポーネントシステム「NX-SA5/SA3」を発売するそうです。


新音場システムをONにした場合(左)とOFFにした場合(右)のイメージ。1人で聴く時や複数人で聴く時など、状況に応じてそれぞれのスピーカーが担当する部分を変えることができるため、臨場感あるステレオサウンドを実現。また、独立したアンプで駆動するサブウーハーを搭載することで、コンパクトなオーディオでは軽視されがちな重低音も楽しめます。


また、同モデルはCD、FM/AMラジオ、録再USB端子、外部入力端子など多彩なソースに対応しており、音楽CDやラジオ番組、外部入力の音声をUSBメモリーに録音することも可能。また、iPhone/iPodを市販のケースに装着したまま接続できるiPhone/iPodダイレクトドックも備えています。

そして「NX-SA5」には空気中のウイルスの抑制や除菌などの効果がある「イオナイザー」を業界で初めて搭載。除菌効果およびウイルス抑制効果も検証されていますが、残念ながらイオナイザー動作中はファンの回転音が入るため、オーディオシステムとして疑問が残る面もあります。


「他社製品との差異化が必要だというのは分かるものの……」という気がしなくもありませんが、逆に言うと空気清浄機能に対するユーザーのニーズがそれだけ高まっているということなのでしょうか。

・関連記事
異常なまでのコレジャナイ感、峰不二子の等身大フィギュアが50万円で登場 | BUZZAP!(バザップ!)

攻撃は最大の防御、戦うあなたのためのメリケンサック型iPhoneケース「Knucle Case」 | BUZZAP!(バザップ!)

中国の伝統的な道路清掃車の掃除っぷりが斜め上過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

ものを食べると音の出るフォーク型の楽器「EaThermine」が謎すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

マジキチにもほどがある「闇夜に光るSUSHI」がアメリカで人気に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加