携帯電話ライクなスマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」ムービーレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどお届けしたフォトレビューに続いて、KDDIが本日発表した、携帯電話ライクな操作が可能な新型スマートフォン「AQUOS PHONE IS14SH」のムービーレビューをお届けします。

詳細は以下から。



テンキーを用いたメール作成画面はこんな感じ。編集部員は長らくテンキー入力を行っていないため、あまりサクサク入力できていませんが、レスポンス自体は良く、フィーチャーフォンユーザーであればサクサク文字入力できそうな印象。メールの送信予約や、地下鉄のトンネル内などの圏外から復帰するとメールを送信する「自動再送機能」など、メール機能も充実しています。

AQUOS PHONE IS14SHでメール作成 - YouTube


続いてホーム画面をスクロール。シングルコアの「MSM8655(1.4GHz)」プロセッサを搭載していますが、特に引っかかりなく操作できるため、初心者でもストレス無く利用できそう。

AQUOS PHONE IS14SHのホーム画面 - YouTube


そして同モデルの大きな特徴である発信キーや終話キー、メールキーやブラウザキーを使ってみたところ。十字キーの左右でアドレス帳や着信履歴をチェックできるなど、フィーチャーフォンに慣れ親しんだ人でも快適に利用できます。

携帯電話ライクな操作を実現した「AQUOS PHONE IS14SH」 - YouTube


KDDIの公式サイトは以下。

未来は、選べる。 | au by KDDI

このエントリーをはてなブックマークに追加