レディオヘッドの名盤『OK コンピューター』と『キッド A』をファミコン風8ビット・サウンドで楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加



1997年の『OK コンピューター』と2000年の『キッド A』。今年のフジロックにてヘッドライナーを務めるレディオヘッドの名盤2枚をチップチューンと呼ばれるファミコン風の8ビット・サウンドで再現した作品が登場しました。作品は無料でダウンロードが可能です。

『キッド A』の全曲をぶっ通しで再現。一曲目の「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」からなかなか良い感じです。


「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」の原曲。


そしてこちらは『OK コンピューター』の全曲8ビットバージョンです。


『OK コンピューター』の1曲目「エアバッグ」の原曲。


他にも、『ザ・ベスト・オブ』などに収録されている「Talk Show Host」やライブで演奏された未発表曲の「Lift」も8ビット・サウンドにしています。



◆無料ダウンロード
以下から8ビットサウンドの「キッド A」を無料でダウンロードできます。
Radiohead 8bit - Kid A.zip
「OK コンピューター」はこちらから。
OK Computer (8-bit).zip

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)
レディオヘッド
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2008-05-28)
売り上げランキング: 10221

・関連記事
ザ・スミスの「ディス チャーミング マン」をスーパーマリオブラザーズのチップチューンにリミックス | BUZZAP!(バザップ!)

ロックスターたちの経年変化がよくわかる、今と昔の比較画像まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

1000以上の楽器を疾走する車でかき鳴らす「OK Go」の前代未聞の音楽PV | BUZZAP!(バザップ!)

モンスターズインクのサウンドを極上のエレクトロニカにリミックスしたPogoの映像作品「Boo Bass」 | BUZZAP!(バザップ!)

ビートルズのすべての曲を全部いっぺんに聴いてみるとどうなるか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加