最後発のWindows PhoneがiPhoneを抜く見通しであることが判明、Androidは今年がピークに

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマートフォンの世界シェアトップのAndroid、そして以前強いシェアを誇るiPhoneに大きく水をあけられている「Windows Phone」が、いずれiPhoneを抜くシェアを獲得する見通しであることが明らかになりました。

「Windows Mobile」シリーズに代表される従来のソフトウェア資産を捨て去り、新しいプラットフォームへと生まれ変わったものの最後発のスタートとなり、いまだに日本では対応機種が1機種のみしか発売されていないWindows Phoneですが、本当にそのような日は訪れるのでしょうか。



Android Expected to Reach Its Peak This Year as Mobile Phone Shipments Slow, According to IDC - prUS23523812

アメリカの調査会社「IDC」がまとめた、スマートフォンのOS別シェアが今後5年間、どう推移していくのかというレポートによると、SamsungのGalaxyシリーズなどに牽引されているAndroidのシェアは今年でピークを迎えるものの、これから先5年間トップであり続けるそうです。

また、北米や西ヨーロッパ、中国を中心としたアジア太平洋地域で強さを発揮しているiPhone(iOS)についても、その勢いをほぼ維持できるとのこと。

しかしWindows Phoneはスロースタートにもかかわらず、新興市場に強いNOKIAが同プラットフォームを採用したスマートフォンを積極的に投入することで、急拡大するとIDCは推測。2016年にはiPhoneを抜き、世界シェア2位に躍り出ると見込んでいます。

各OSの2012年と2016年の市場シェアを比較したところ。BlackBerryがシェアを維持できているのが不思議な気もしますが、これはメッセージングデバイスとして生き残るという考えによるもの。


グラフにするとこんな感じ。なお、このような未来を達成するためにはマイクロソフトおよびNOKIAが、NOKIA製モデルに今まで採用してきた「Symbian OS」から「Windows Phone」へのスムーズな移行を進める必要があるとされています。

Chart: Worldwide Top 5 Smartphone OS Market Share Forecast, 1Q 2012Description: Tags: Author: IDCcharts powered by iCharts


・関連記事
Appleのマルチタッチ特許が無効と判断、AndroidやWindows Phoneへの甚大な影響は回避か | BUZZAP!(バザップ!)

シェアトップのAndroidに再びiPhoneが肉薄、Windows Phoneのシェアはわずか1%台に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

新OS「Tizen」搭載スマートフォンのプロトタイプ公開、IntelやSamsungなどが提携 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい
  3. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに

モバイルに関連した楽天商品ランキング