最後発のWindows PhoneがiPhoneを抜く見通しであることが判明、Androidは今年がピークに



スマートフォンの世界シェアトップのAndroid、そして以前強いシェアを誇るiPhoneに大きく水をあけられている「Windows Phone」が、いずれiPhoneを抜くシェアを獲得する見通しであることが明らかになりました。

「Windows Mobile」シリーズに代表される従来のソフトウェア資産を捨て去り、新しいプラットフォームへと生まれ変わったものの最後発のスタートとなり、いまだに日本では対応機種が1機種のみしか発売されていないWindows Phoneですが、本当にそのような日は訪れるのでしょうか。



Android Expected to Reach Its Peak This Year as Mobile Phone Shipments Slow, According to IDC - prUS23523812

アメリカの調査会社「IDC」がまとめた、スマートフォンのOS別シェアが今後5年間、どう推移していくのかというレポートによると、SamsungのGalaxyシリーズなどに牽引されているAndroidのシェアは今年でピークを迎えるものの、これから先5年間トップであり続けるそうです。

また、北米や西ヨーロッパ、中国を中心としたアジア太平洋地域で強さを発揮しているiPhone(iOS)についても、その勢いをほぼ維持できるとのこと。

しかしWindows Phoneはスロースタートにもかかわらず、新興市場に強いNOKIAが同プラットフォームを採用したスマートフォンを積極的に投入することで、急拡大するとIDCは推測。2016年にはiPhoneを抜き、世界シェア2位に躍り出ると見込んでいます。

各OSの2012年と2016年の市場シェアを比較したところ。BlackBerryがシェアを維持できているのが不思議な気もしますが、これはメッセージングデバイスとして生き残るという考えによるもの。


グラフにするとこんな感じ。なお、このような未来を達成するためにはマイクロソフトおよびNOKIAが、NOKIA製モデルに今まで採用してきた「Symbian OS」から「Windows Phone」へのスムーズな移行を進める必要があるとされています。

Chart: Worldwide Top 5 Smartphone OS Market Share Forecast, 1Q 2012Description: Tags: Author: IDCcharts powered by iCharts


・関連記事
Appleのマルチタッチ特許が無効と判断、AndroidやWindows Phoneへの甚大な影響は回避か | BUZZAP!(バザップ!)

シェアトップのAndroidに再びiPhoneが肉薄、Windows Phoneのシェアはわずか1%台に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

新OS「Tizen」搭載スマートフォンのプロトタイプ公開、IntelやSamsungなどが提携 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング