イーモバの3880円スマホ第2弾か、日本国内で「Ascend P6」発売間近に

このエントリーをはてなブックマークに追加



「本体代・通信料金・テザリング代込みで月額3880円」という破格さで話題を集めたイー・モバイルの「STREAM X GL07S」の後継機種が浮上しました。

BUZZAP編集部に関係者から寄せられた情報によると、今年発表されたHuawei製最新スマートフォン「Ascend P6」の国内発売が迫っているそうです。

関係者はあくまで発売されるキャリアを明かしていませんが、家電業界の見本市「CEATEC JAPAN 2013」のHuaweiブースでは、2013年10月時点での本体価格が480ドルと安価であることがHuaweiのスタッフによって明かされていたため、GL07Sの後継になる可能性は十分に考えられるわけです。

これが「Ascend P6」本体。ジャパンディスプレイ製の4.7インチHD(1280×720)インセル液晶を搭載。


インセル型液晶の最も大きなメリットが、液晶とタッチパネルの間に物理的な空間が存在しないことによる視認性の良さ。視野角は広く、発色も非常に良いのが特徴です。


サイド、背面にはメタル素材を採用することで高級感を演出。


背面カメラには暗いところでの撮影に定評があるソニーの裏面照射型CMOS「Exmor RS(800万画素)」を採用しています。


最新スペックを求める層には若干物足りないかも知れませんが、もしGL07S同様、すべてコミコミで月額3880円で販売されるのであれば、「とにかく安いスマホが欲しい」というユーザーにとって十分選択肢となりうる「Ascend P6」。

国内登場間近という話ですが、はたしてどのキャリアが発売することになるのでしょうか……?

・関連記事
高級感ある極薄ボディに高性能、しかも低価格なスマートフォン「Ascend P6」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

あらゆる機器が3G対応になる「3G SD(UltraStick)」速攻レビュー、LTE対応も視野に入れて開発中 | BUZZAP!(バザップ!)

驚くほど販売不振、HTCやLG、Huaweiなどが高性能スマフォ競争から脱落の危機 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 国内未発売の「ZenFone 8 Flip」いきなり値下げ、アクションカメラにもなる3眼ハイエンドスマホでマルチキャリア対応も
  2. 公取委が「端末購入サポートプログラム」規制へ、残債免除に「端末の再購入」不要に
  3. 怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」や超小型プロジェクター「Wanbo T2MAX」も再び値下げ、最大70%オフの「夏のボーナスセール」をBanggood.comが開催
  4. 高性能すぎる格安スマホ「POCO F3」値下がり、Snapdragon 870や120Hz有機EL、立体音響、大容量バッテリー、液冷機構てんこ盛りのハイエンドモデル
  5. auが3G終了に向けた「機種変更早割キャンペーン(3G)」提供へ、機種変更すると月額料金を割引

モバイルに関連した楽天商品ランキング