格安スマホ「ONE-FIVE F1/F1L/C1」発売へ、スターデジタルの日本市場参入第1弾に

このエントリーをはてなブックマークに追加



SIMフリースマホの盛り上がりを受け、中国メーカーが高性能な格安スマホを引っさげて日本市場に本格参入することになりました。詳細は以下から。

中国・深センに本社を構えるスターデジタル日本法人のプレスリリースによると、同社は2015年10月1日(木)から、全国の主要家電量販店で「ONE-FIVE」ブランドのSIMフリースマホ3機種を発売するそうです。

ONE-FIVEのブランドコンセプトは「COLORFUL(多彩さ)」「YOUNG(若さ)」「FREEDOM(自由)」「FUN(喜び)」「BELIEVABLE(信頼性)」を1つのスマホに詰め込むというもの。

発売されるのはハイスペックモデル「F1/F1L」と、エントリーモデル「C1」で、想定店頭価格はF1が34800円、F1Lが39800円、C1はわずか1万9800円。いずれもOSにAndroid 5.1を採用しており、各モデルのスペックは以下の通りです。

「ONE-FIVE F1」。5インチフルHD(1920×1080)液晶、MediaTek製の8コアプロセッサ「MT6753(1.5GHz)」、2GB RAM/16GB ROM、2100mAhバッテリー、1300万画素背面カメラ、500万画素フロントカメラを搭載。音にこだわったSOUL Electronics社製イヤホン「Mini」が付属します。


最上位モデルとなる「ONE-FIVE F1L」は5.5インチフルHD(1920×1080)液晶、MediaTek製の8コアプロセッサ「MT6753(1.5GHz)」、2GB RAM/16GB ROM、2600mAhバッテリー、1300万画素背面カメラ、500万画素フロントカメラを搭載。F1同様、高音質イヤホン「Mini」が付属します。


そしてエントリーモデルの「ONE-FIVE C1」は5インチHD(1280×720)液晶、MediaTek製の4コアプロセッサ「MT6753(1.0GHz)」、1GB RAM/8GB ROM、2000mAhバッテリー、800万画素背面カメラ、200万画素フロントカメラを搭載。


なお、いずれのモデルもデュアルSIMスロットを備えており、下り最大150Mbps/上り最大50MbpsのLTEを利用可能。しかし日本国内で利用できるLTEの対応周波数帯はバンド1(2.1GHz)、3(1.7GHz)、8(900MHz)なため、事実上ソフトバンクのネットワークでのみ本領を発揮できるモデルとなっています。


Onefive

・関連記事
ソフトバンクがMVNO(格安SIM)推進へ、子会社「SBパートナーズ」立ち上げ | BUZZAP!(バザップ!)

WindowsもAndroidも通信料金も格安、「KATANA」「SAMURAI」「ガラホ」などをFREETELが発表 | BUZZAP!(バザップ!)

実は結構お得なau系格安SIM、白ロム利用時のトータルコストを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIMに最適、デュアルSIM対応&SIMフリーのLTEルーター「Aterm MR04LN」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加