宇都宮発の斬新過ぎる万能調味料「ご飯にかけるギョーザ」を試食してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加



永遠なる餃子の都、宇都宮。この街では餃子は食べるだけでは飽きたらず、ご飯にかけるようになっています。詳細は以下から。

今や餃子の都として全国区の知名度を誇る宇都宮。県外から多くの観光客が老舗餃子屋に行列を作るのも見慣れた光景となりました。

それにつれて多くの餃子関連の土産物も開発され、訪れる人の目と舌を楽しませるようになっています。そんな中でひときわ異彩を放っているのがこちらの「ご飯にかけるギョーザ」です。

この手の商品の走りは一時期空前のブームとなった「食べるラー油」と思われますが、元々液状だったラー油をペースト状にしたのとは逆に、れっきとした料理である餃子をペースト状にしたもの。

この斬新ながらも鉄板で美味いんじゃないのかと思わせてくれるコンビネーション、実は2014年からネット上などでは何度か取り上げられているのですが、いまいち盛り上がりにかけていますので、宇都宮出身の筆者としては黙っておれずレビューしてみます。


「元祖宇都宮」との表記に自信が伺えますね。こちらは「スタンダード」味で、現在は他に「うま辛」味も存在しています。


おから、ピーナッツ、にんにく、玉葱をじっくりと煮込み、ごま油とラー油と酢を混ぜあわせているとのこと。このおからは国産大豆を使った日光名物のゆばを生産する際に出るおからを用いるという、地産地消のナイスアシスト。


こちらの原材料名を見ても分かるように、肉やニラ、キャベツなどのいわゆる「餃子の具」は使っていません。あえてそこを外してピーナッツをぶっ込んでくる辺り、餃子の都の並々ならぬ気合を感じます。


蓋を開けた瞬間、紛れも無い濃厚な餃子の香りが飛び出してきます。これは本当にガチです。


スプーンで混ぜながら掬ってみるとこんな質感。香りはさらに強烈に餃子です。どう考えても美味しくないわけがありません。


「ご飯にかけるギョーザ」なのでやはり白飯にぶっかけて食べてみることに。あったかご飯に暖められていい匂いMAXです。この匂いだけで怒りのデスロード往復できちゃいます。


味わいですが、これは本当に餃子です。どんぶり飯で餃子をもりもり食べている時のあの感触が完全再現されます。しかも鼻にふわっと抜けるピーナッツの芳ばしい香り、これはヤバいです。病みつきです。なんでもっと買ってこなかったのかと後悔するレベルに美味しいです。


思わずご飯をおかわりするほど美味しかったわけですが、ラーメン、うどん、野菜炒め、冷奴、そしてなんとギョーザにも合わせると美味しいらしいです。宇都宮人は水餃子をおかずに焼餃子を食べる人々であることは以前BUZZAP!でも紹介しましたが、ギョーザにギョーザを付けて食べるのはさすがに斬新。

これは末永く楽しみたいですね。ということで激推し、です!

元祖宇都宮 ご飯にかけるギョウザ  110g×3瓶入り 【餃子 ギョーザ ぎょーざ ぎょうざ】
元祖宇都宮 ご飯にかけるギョウザ
売り上げランキング: 30,632

・関連記事
「餃子は酢と辣油で食べる」など、宇都宮流餃子の食べ方あれこれ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】宇都宮が餃子消費量日本一を2年ぶりに浜松に奪還される | BUZZAP!(バザップ!)

天然水かき氷の本場、日光のかき氷の2015年最新情報を食べ歩いて調べてきました | BUZZAP!(バザップ!)

「いちごのカレー」という栃木の不思議なお土産にチャレンジしてみました | BUZZAP!(バザップ!)

栃木のソウルドリンク「レモン牛乳」とはいったいどんな飲み物なのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加