3歳の男の子が5匹の子猫をあつめながら学んだ人生のとても大切なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加



3歳になった男の子が庭を駆け回る5匹の子猫たちから大切なことを学びました。詳細は以下から。

アメリカ合衆国アイオワ州サイダーフォールスに住む3歳のRyder君。両親と一緒に庭で遊んでいる時に、生まれて5週間の子猫5匹がうろうろと歩き出してしまいます。そこでRyder君はがんばってリアル「ねこあつめ」を試みるのですが…。


英語のイディオムにも「herding cats」=不可能なこと、とあるようにどうやっても集めることはできません。猫はやりたいようにやるから言うことを聞かせることはできない、それが複数ならどうやっても無理という真理をこの歳にして学べたのは極めて幸せと言ってよいでしょう。

これから成長していくRyder君、こんな猫を好きになるでしょうか?それとも嫌いになってしまうでしょうか?

Little Boy Gets Himself Into a ‘Situation’ When He Can’t Successfully Herd a Litter of Kittens

・関連記事
いぢめる…?世界一悲しげな顔をした北京の猫にネット中の猫好きたちが大悶絶 | BUZZAP!(バザップ!)

猫をまるでカンガルーのようにお腹ポケットに入れて一緒にいられる「にゃんガルーパーカー」 | BUZZAP!(バザップ!)

これはずるい、全インターネットをキュン死させる眉毛ネコが降臨 | BUZZAP!(バザップ!)

小さなビンの中にうっかりハマり込んだ子猫の脱出劇が完全にイリュージョン! | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】飼い主の必死の制止にも耳を貸さず、グラスを落とそうとするいぢわる猫 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加