KDDI(au)もiPhone 6sの本体価格発表、実質価格が大きく高騰

このエントリーをはてなブックマークに追加



auもiPhone 6s/6s Plusの本体価格を発表しました。ソフトバンク同様、iPhoneの売りだった「実質0円」が消滅しており、実質価格は3~6万円程度にまで高騰しています。詳細は以下から。

まずはiPhone 6sの新規契約・MNP時。本体価格は16GBが8万4240円、64GBが9万7080円、128GBが10万9920円で、毎月割は2840円で固定。毎月の支払額は670円~1740円になります。


機種変更時は毎月割が2435円になり、毎月の支払額は1075円~2145円に。


iPhone 6s Plusの新規契約・MNP時は16GBが9万7080円、64GBが10万9920円、128GBが12万2760円で、毎月割は2840円。毎月の支払額は1205~2275円になります。


機種変更時は毎月割が2435円になり、毎月の支払額は1610円~2680円に。


なお、auもiPhone下取りを増額する「スーパー機種変更キャンペーン」を利用することで、実質本体代金を下げることが可能。新料金プラン「スーパーカケホ」と合わせれば、高騰した本体価格を吸収することができそうです。

機種代金 | 料金・割引 | iPhone 6s | iPhone | au

機種代金 | 料金・割引 | iPhone 6s Plus | iPhone | au

・関連記事
auが毎年最新のiPhoneに機種変更できる「スーパーアップグレードキャンペーン」展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

正式発表されたiPhone 6s/6s Plus、iPad Pro記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

auが新プラン「スーパーカケホ」発表、国内通話定額が月額1700円に | BUZZAP!(バザップ!)

SIMフリー版iPhone 6s/6s Plusの価格判明、iPhone 6はほぼ値下げ無し | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加