ドコモが2015年冬モデルから下り最大300MbpsのLTEを提供へ、iPhone 6sに向けた整備状況も明らかに



まもなく発表するとみられる2015年冬モデルから、NTTドコモが下り最大300MbpsのLTEサービスを導入することが明らかになりました。詳細は以下から。

こちらは先日、ドコモが報道陣向けに行った記者説明会の資料。ドコモは2013年9月から、1.7GHz帯および1.5Ghz帯をすべてLTEに割り当てることで下り最大150Mbpsを実現する「フルLTE」を提供してきました。


そして2015年3月には大手3社としては最後発となる形でキャリアアグリゲーションを導入し、「LTE-Advanced」を開始。サービス名称は「Xi」の名前を捨てた「PREMIUM 4G」となりました。


そんな「PREMIUM 4G」が進化します。


まずは東名阪限定で展開している1.7GHz(下り最大150Mbps)と全国的に展開している2.1GHz(下り最大112.5Mbps)を組み合わせた下り最大262.5MbpsのLTEをiPhone 6sが発売される9月25日から提供へ。


これによりドコモは4パターンのキャリアアグリゲーションを実現。


端末に応じて最適なキャリアアグリゲーションを提供することになります。なお、iPhone 6sは1.5GHz帯のLTEを利用できないため、2.1GHzと1.5GHzを組み合わせることはできません。


PREMIUM 4G提供エリアは9月末に全都道府県に。



ここで1つ注意しておきたいのが、「PREMIUM 4Gの目的は通信速度の向上にとどまらない」という点。



複数の周波数帯をうまく組み合わせることで、人口密集地でも快適な通信を実現します。






今後4K・8K動画が主流となるなど、コンテンツサイズがどんどん大きくなることが予見されますが、ドコモは「快適さ」を追及。


2015年11月に3つの周波数帯をキャリアアグリゲーションで組み合わせた、下り最大300Mbpsの通信サービスを提供することを告知しており、2015年冬モデルからの対応が期待されます。





・関連記事
ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが月額1700円の「スーパーカケホ」対抗プランを即座に発表できないワケ | BUZZAP!(バザップ!)

毎年最新のiPhoneを使える「機種変更応援プログラム」をドコモが提供へ、残債が消えずローン二重払いの鬼仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. XiaomiがOSアップデートを3世代前のスマホにも提供へ、OS軽量化で快適なレスポンスも
  2. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  3. 「折りたたみiPad mini」発売か、Galaxy Z Fold対抗でMacBookも20インチ超の折りたたみディスプレイ搭載へ
  4. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  5. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット

モバイルに関連した楽天商品ランキング