iPhoneの容量を割安で16GB→128GBにバージョンアップするサービスが大ヒット中

このエントリーをはてなブックマークに追加



AndroidスマホのようにmicroSDカードで容量を増やすことができない上、円安の影響で128GBモデルが10万円を優に超えるようになったiPhone。

そんなiPhoneの記録容量を安価に増設できるサービスが登場しました。詳細は以下から。

中国メディアの報道によると、重慶のiPhone修理業者達が新たに開始した「iPhoneの容量増設サービス」がヒットしているそうです。

これは16GBのiPhoneを持ち込み、450元(約8600円)支払うと64GB、580元(約1万1000円)支払うと128GBへと記録容量を増やしてくれるもの。割安なこともあり、多くの顧客は128GBへの増設を希望していると報じられています。

AppleはiPhoneのメモリチップに対し、第三者が手を加えても動作しないよう、認証する仕組みを導入していたため、従来は同様のサービスを提供することができませんでした。

しかし今回新たにiPhoneのシリアル番号やデバイスタイプ、デバイスカラー、無線LANアドレス、Bluetoothアドレス、領域情報を書き換えるシステムが開発されたことで、容量の増設が実現したとされています。

なお、巷で行われているiPhoneの液晶交換サービスのように、あくまでAppleが公式で行っているものではなく、保証期間内であっても各種保証が受けられなくなるため、サービスの利用にあたっては注意が必要。さらにAppleが今後、なんらかの対策を行う可能性についても言及されています。

ちなみに現時点でのSIMフリー版iPhone 6s/6s Plusの本体価格はこんな感じ。16GBと128GBモデルの間には実に2万4000円の価格差があるため、「差額の半額以下でアップデートできる」と言われると、心が揺らいでしまうユーザーの気持ちも分からなくはありません。

・iPhone 6s
16GB:8万6800円
64GB:9万8800円
128GB:11万800円

・iPhone 6s Plus
16GB:9万8800円
64GB:11万800円
128GB:12万2800円

16G版iPhone秒升128G 苹果:不作回_手机中金在

・関連記事
iPadなどの「容量商法」でメーカーはどれだけボロ儲けできるのかが一目で分かる表 | BUZZAP!(バザップ!)

【2015年冬スマホ発熱耐久実験】Xperia Z5・Nexus 5X・iPhone 6s・AQUOS ZETA・arrows NXを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

2015年冬スマホ、Xperia Z5・iPhone 6s・Nexus 5Xなどのカメラを比較してみた その1 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加