ソニーがベータビデオカセット出荷終了へ、40年の歴史に幕

このエントリーをはてなブックマークに追加



かつて家庭用録画機器の座をめぐる「VHS・ベータ戦争」を巻き起こしたソニーのベータ向けビデオカセットの出荷がついに終了します。詳細は以下から。

Sony Japan | ニュースリリース | ベータビデオカセットおよびマイクロMVカセットテープ出荷終了のお知らせ

ソニーのプレスリリースによると、同社は2016年3月をもってベータビデオカセットの出荷を終了するそうです。

ベータビデオカセットはベータマックス向けの記録メディアで、1975年に生産を開始。すでにビデオテープレコーダー機器の生産は2002年に完了していました。

なお、合わせてデジタルビデオカメラの記録方式・マイクロMV向けの記録メディア「マイクロMVカセット」の出荷終了も決定。対象となるモデルは以下の通りです。

<ベータビデオカセット>
EL-500B、2L-500MHGB、2L-750MHGB、L-25CLP(ベータビデオ用クリーニングテープ)

<マイクロMVカセット>
MGR60、MGRCLD(マイクロMV用クリーニングテープ)

VHS陣営がS-VHSやW-VHSへと高画質化を進めるのに対抗する形で、水平解像度500本以上を達成する「ED Beta」を開発するなど、ソニーが威信をかけて技術革新を進めていたベータマックス。

しかしVHSが多くのメーカーを抱き込んで低価格化に成功した上、「標準」「3倍」モードなどの録画モードの使いやすさで大きくリードした結果、ある時期を境にベータマックスはコアなファン向けの規格となっていたわけですが、それでもなお、40年もの間記録メディアのサポートが行われていたことは、驚くべき事ではないでしょうか。

・関連記事
メーカー撤退で製造終了したプラズマテレビ、とんでもないプレミア価格に | BUZZAP!(バザップ!)

「宇宙史上最も馬鹿げた製品」と酷評されたソニーの高音質microSDXCカード「SR-64HXA」に致命的な不具合が発覚 | BUZZAP!(バザップ!)

【注意】「8GBしか書き込めない」、サンディスクのmicroSDXCカード(128GB)に大量の偽物報告 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加