ホームボタンが無いiPhoneこと「AQUOS ZETA SH-04H」レビュー、過剰にリスペクトしたデザインに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモの2016年夏モデルとして発表された「AQUOS ZETA SH-04H」のレビューをお届けします。

かねてからXperiaっぽいカラー展開などを導入してきたシャープですが、今回は一気に胸がザワザワするようなデザインを導入しています。詳細は以下から。

これが6月上旬発売予定の「AQUOS ZETA SH-04H」。5.3インチフルHD(1920×1080)IGZO液晶にSnapdragon 820、3GB RAM/32GB ROMを搭載したAndroid 6.0スマホで、ハイエンドモデルに属します。


背面には2260万画素カメラ、前面には500万画素カメラを搭載。


最大2300万画素(5480×4110)の写真や4K動画を撮影できるだけでなく、最新のH.265形式での録画にも対応。H.264形式(汎用モード)と同じ画質でデータ量を半分にできるほか、同じデータ量でさらに高画質な録画も可能です。




もちろんベストなアングルを教えてくれるフレーミングアドバイザーも健在。


約0.4秒、約0.02秒の高速起動・高速オートフォーカスにも対応しています。


あらかたの機能を盛り込めるだけ盛り込んだのが、今回のAQUOS ZETA SH-04Hです。


カラーは3色展開。



しかしそんなAQUOS ZETA SH-04Hですが、やはりどうしても気になるのがそのデザイン。iPhoneと間違い探しをしているかのような気持ちになってきます。


側面。





強いて言うならば、「ホームボタンの無いiPhone」といったところでしょうか。


Xperiaのパチモンと言われても仕方の無いarrows SV F-03Hともども、やけに心がざわつくデザインとなったAQUOS ZETA SH-04H。


三方向超狭額縁ボディ「EDGEST」を採用したスクエアなスマホを中心にリリースしてきただけに、今回の危なげなデザイン変更は非常に気になるところです。

・関連記事
ドコモの2016年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

どう見てもXperiaのパチモン、しかし使い勝手は十分な富士通の「arrows SV F-03H」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが新機種の発売サイクルを半年から1年単位に変更 | BUZZAP!(バザップ!)

ユーザーの負担ゼロで2年縛り撤廃や長期割引拡充、ドコモの新料金プランはなかなかすごい | BUZZAP!(バザップ!)

総務省がドコモとソフトバンクにスマホ安売りをやめるよう要請、機種変更時の割引に規制も | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その1【黎明期編】 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加