元ジブリプロデューサー西村義明氏、性差別発言を認め「反省し、勉強します」と謝罪

このエントリーをはてなブックマークに追加



ガーディアン紙のインタビューでの性差別発言を西村義明氏が認め、謝罪しています。詳細は以下から。

先日BUZZAP!で取り上げたスタジオジブリの「元」プロデューサーである西村義明氏の英ガーディアンのインタビューでの性差別発言西村義明氏がこの発言をしたことを全面的に認めた上で謝罪しています。

ツイッター上で行われた謝罪は以下の通り。


謝罪ではまず発言があったことを全面的に認めます。そして2014年末に退社しており、インタビュー時には社員でなかったことを明かしています。

ガーディアン紙ではそうした経緯については明かされていなかったため「ジブリを代表した意見であると誤解を与えた」としています。ただし西村氏が長くジブリプロデューサーとして活躍してきたことは事実であり「私は男性監督が起用されることが偶然だとは考えません」とまで言っている以上、退社していたからといって「ジブリの意見とかけ離れた個人的意見をガーディアン紙が伝えた」と言えるかは難しいところ。

最後に自身の「男性は観念的な傾向が強く、現実を生きる力は女性の方が長けている」とした認識があったことを認め、これを「差別的で偏った考え」であるとし、「反省し、勉強します。映画を作るのに性別は関係ありません。深くお詫びいたします」と明確に謝罪しています。

「ジブリを愛する皆様に不快な思いをさせたことを深くお詫びいたします」という一文はいかにも日本的ですが、性差別発言についてしっかりと撤回し、反省と謝罪を行っている以上、迅速で適切な対応だったと評価できるのではないでしょうか。

宮崎駿監督作品集 [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-02)
売り上げランキング: 5,927

・関連記事
ジブリが女性監督起用に「男性は理想主義的で女性は現実的、男性が起用されるのは偶然ではない」と発言、海外で物議に | BUZZAP!(バザップ!)

ジブリキャラ総出演、2Dと3Dが入り乱れる宮﨑駿愛に満ち溢れたファンによるショートフィルムが素晴らしい | BUZZAP!(バザップ!)

あのトトロに全身を包まれながら熟睡できる「となりのトトロ型ベッド」 | BUZZAP!(バザップ!)

「千と千尋の神隠し」と「もののけ姫」がスーファミ風の短編動画になってしまいました | BUZZAP!(バザップ!)

海外アーティストが手がけたジブリ映画のミニマルなポスター | BUZZAP!(バザップ!)

ジブリ映画のポスターを海外アーティストが描くとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加