Windows10への強引なアップグレード、ついに消費者庁に注意喚起される

このエントリーをはてなブックマークに追加



なりふり構わないマイクロソフト社のWindows10への無償アップグレードに消費者庁が動きました。詳細は以下から。

あの手この手でユーザーのWindowsマシンのOSをWindows10へとアップグレードさせようとするマイクロソフト社。アップグレードしないという選択肢が存在しない、寝て起きたらWindows10になっていた、などの信じられない事案が次々と報告されてきました。

特に仕事上のシステムをWindows上で組んでいる場合、アップグレードがシステム自体の致命的な障害となる可能性も十分にあり得ますし、実際に発生してきました。ユーザーによってはある意味凡百のウィルス以上の脅威となっていることは間違いありません。

しかし一向に態度を変えないマイクロソフト社に対し、遂に消費者庁が6月22日に「Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について>Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について」としたPDF文書を公表、書くk人や留意が必要な事項について注意喚起を行っています。


内容は非常に良くまとまっているため、今一度ざっと確認してみることをお勧めします。古いPCを使っていたり、Windows10と互換性のないソフトを用いている場合は特に注意が必要です。

また、ポップアップメッセージを閉じるだけではアップグレードをキャンセルしたことにならず、設定された指定日時になると勝手にアップグレードされ、1時間以上PCが使用不能になる他、このタイミングで電源を落とすと不具合の原因になるため、こちらもしっかりとキャンセル方法を覚えておきましょう。

これらは全てマイクロソフト社が無償アップグレード期間が始まる際に責任を持って公表していて然るべき事項ばかり。広報がまるで他人事のようなツイートを出していますが、世界的IT企業としてあまりに無責任な対応と言われても仕方ないところ。


このPDFには勝手にアップグレードされた場合の元のOSへの戻し方を始め、マイクロソフト社の必要なページへのリンクも張られているため、PCに詳しくない方は7月29日の無償アップグレード期間終了まで参照用に手元に置いておくのがよさそうです。

もちろんマイクロソフト社がこれから1ヶ月の間にどんな手を打ってくるかは未知数なので今後も厳重な警戒が必要です。

(PDF)Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について 消費者庁

Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)
マイクロソフト (2015-09-04)
売り上げランキング: 26

・関連記事
マイクロソフト社はなぜ大麻ビジネスへの参入を決めたのか? | BUZZAP!(バザップ!)

レイシストと化したマイクロソフト社のAI、大麻大好きっ娘になって帰ってくる→速攻で公開停止に | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトのチャットAI、公開からたった1日でツイッターからレイシズムと陰謀論を「学習」して公開停止に | BUZZAP!(バザップ!)

Apple SIM対抗の「Microsoft SIM」まもなく登場、契約不要で国際ローミングも | BUZZAP!(バザップ!)

97歳のおじいちゃんがMicrosoftの「ペイント」で毎日10時間描き続けてきたピクセルアート | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加