どこがお買い得?ドコモが3年半前の「ツートップ」を当時と同じ価格で売りつける暴挙に

このエントリーをはてなブックマークに追加



一体誰が得するのか分からないセールをドコモの公式オンラインショップが実施しています。詳細は以下から。

ドコモオンラインショップでは、「お買い得機種が大集合」と銘打ったスマホの特別セールが開催されています。

お買い得機種が大集合 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ


しかし販売されているのは2013年夏に「ドコモのツートップ」として発売されたXperia A SO-04E。4.6インチHD(1280×720)液晶にSnapdragon S4 Pro(1.5GHz、クアッドコア)、2GB RAM/32GB ROMを備えた防水スマホで、今となってはかなり厳しい性能。Androidアップデートは4.2で打ち切られており、お世辞にもスマホデビューにおすすめできる機種ではありません。


なお、Xperia Aの販売価格は5400円ですが、これはドコモのツートップとして発売された当時の価格(月々サポート適用時)とほぼ同じ。おまけに「端末購入サポート」対象機種のため、12ヶ月以内に対象のパケットプランを解約などすると、3万7476円の違約金を請求されます。


他にもAQUOS EVER SH-02J、Disney Mobile on docomo DM-02H、arrows SV F03H、Nexus 5Xなどがセール価格に。まだこれらの選択肢の方が現実的かと思われます。



「スマホからの機種変更におすすめ」としても売り出されているXperia A。どこの世界に3年半前のスマホに機種変更するスマホユーザーがいるのでしょうか。


総務省が「スマホ実質0円」などを厳しく取り締まった結果とみられる今回の謎セール。安さに釣られて、何も知らない消費者が買ってしまうような事態にならないことを祈るばかりです。

・関連記事
本体価格一括648円、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが携帯電話の無償修理を有償に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「iモードケータイ」の出荷終了 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台の格安タブレット「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」うれしい値下げ、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング