140年以上の歴史を持つBIKE社の「ケツ割れ(ジョックストラップ)」が生産終了

このエントリーをはてなブックマークに追加



1874年に世界初となる「Bike Jockey Strap」の量産が開始され、実に140年以上の歴史を持つBIKE社のジョックストラップ。

国内では「ケツ割れ」という俗称でも親しまれてきましたが、生産を終えてしまったことが明らかになりました。詳細は以下から。

英語版Wikipediaの「Jockstrap」によると、長年にわたってジョックストラップを生産してきたBIKE社およびその商標が2016年に運動用品メーカー「Russell Athletic」に買収されたそうです。

BIKE社は1874年に世界初となるBike Jockey Strapを量産したCF Bennett氏が1897年に立ち上げ、実に120年の歴史を持つメーカー。しかしRussell Athletic公式サイトではBIKEブランドのジョックストラップが「品切れ」のままで、サポートが終了した廃盤商品扱いとなっています。

Mens Sports Accessories: Athletic Socks & Sports Gloves ? Russell Athletic


なお、BIKEブランドのジョックストラップにはバリエーションがあり、広く知られているのはこちらのデザイン。他にもウエストのゴムが細いもの、生地が白でなく黒いものなどがあります。

・関連記事
ガチムチ系ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」休刊、21年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイアプリでモテない「NG行為」をゲイの読者に教えてもらいました | BUZZAP!(バザップ!)

「日本のゲイアプリでモテる写真の撮り方」をゲイの読者に教えてもらいました | BUZZAP!(バザップ!)

ガチムチに続いてゲイ用語の「GMPD」が一般化か、その意味をゲイの読者に聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加